ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年10月 > 渋谷区と連携し、働く人のメンタルヘルスケアのためにセルフケアアプリを活用する実証実験開始!

最終更新日:2022年10月14日

渋谷区と連携し、働く人のメンタルヘルスケアのためにセルフケアアプリを活用する実証実験開始!

ここから本文です。

記者資料提供(2022年10月14日)

神戸市ロゴ      emolロゴ    渋谷区ロゴ
神戸市は令和3年7月、“起業家支援”の領域で連携するべく、渋谷区と連携協定を締結しました。実験都市「神戸」と、起業家が集う街「渋谷」を繋ぐことで、だれでも“ライトに”起業できる環境づくりを進めています。
この度、連携協定の項目である“実証実験の支援”の観点から、渋谷区と神戸市で連携し、emol株式会社(以下、emol)と「働く人のメンタルヘルスケアのためにセルフケアアプリを活用する実証実験」を行います。
全国的に新型コロナウイルス感染症による環境の変化でメンタルヘルス不調者が増加している中、emolの提供するメンタルヘルスケアアプリを神戸市職員が利用し、セルフケアによるメンタルヘルス不調予防における効果を検証します。

経済産業省令和4年度「ヘルスケアサービス社会実装事業」採択事案

1.実証実験概要

神戸市職員から本実証実験参加者を募り、emolが開発・提供するアプリによる「不安の感情との付き合いかたを学び、身につけるためのACTプログラム」を8週間受けることによる、抑うつや不安の軽減などへの効果を検証します。

「アクセプタンス&コミットメント・セラピー」(Acceptance and Commitment Therapy)とは、マインドフルネスの考え方をベースに「心理的柔軟性」(Psychological flexibility)を生み出すことで「心の健康」を維持・回復させる療法のことです。医師が行う専門的療法としてだけではなく、一般の人でもストレス対処の技法として活用できるため、世界的に広がりをみせています。本実証ではACTについてチャットボットを通じて学び・体験するセルフケアプログラムにより介入します。

(1)実証実験の流れ

参加者をアプリの利用期間で2つのグループに分け、アプリの利用前後にアンケートを行い、メンタルヘルスに及ぼす効果を比較する。
10月24日~10月30日:アンケート記入
10月31日~12月25日:グループAアプリプログラム利用(8週間)
12月26日~ 1月 8 日  :アンケート記入
1月9日 ~ 3月 5 日:グループBアプリプログラム利用(8週間)

(2)実証実験で参加者へ提供するサービス内容

AIによるチャット機能や体験型エクササイズによるセルフケアプログラム
emolサービスイメージ

2.参考情報

■emol株式会社

所在地:京都府京都市下京区中堂寺南町134
設立:2019年3月
WEBサイト:https://emol.jp/
事業内容:メンタルヘルス関連サービス開発
神戸市との関係:医療産業都市機構との連携を深めるため、2021年12月に神戸市に臨床開発拠点を開設し、以降、県内・市内の医療関係機関との連携を進めている。

■神戸市と渋谷区との連携協定について

神戸市と渋谷区は、2020年に内閣府による「グローバル拠点都市」に選ばれた都市であり、スタートアップ・エコシステムの構築を目指しています。それぞれ進めてきた“起業家支援”の領域で連携するべく、2021年7月6日に連携協定を締結いたしました。本連携協定に基づき、実証実験を行います。
【連携協力事項】
(1)起業家育成、支援等に関すること。
(2)起業家、エンジニア、クリエイティブ人材等の交流に関すること。
(3)スタートアップ事業の実証実験の支援に関すること。
(4)甲及び乙の支援する起業家並びにスタートアップのPRに関すること。
(5)女性起業家支援に関すること。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部新産業部新産業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階