現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > 桜の宮中学校における天井ボード等落下について

更新日:2020年7月6日

桜の宮中学校における天井ボード等落下について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月6日)

1.発生時の状況

令和2年7月6日(月曜)午前9時35分頃、神戸市立桜の宮中学校において、校舎3階の廊下の天井の石膏ボード及びコンクリート片が落下しました。

落下した高さは2.5m、石膏ボードの大きさは、縦45cm×横70cm×厚さ6mm程度、重さは約1.3㎏、コンクリート片の大きさは、最も大きなもので、縦17cm×横10cm×厚さ5cm程度、破片も含めて重さは約2.2㎏です。

けがなどの人的被害はありませんでした。

2.事故の原因

天井裏のコンクリート製の梁の一部分が、劣化により落下し、その重さで石膏ボードが落下したものと考えられます。

3.事故後の対応

落下箇所の周辺は、すぐに立入禁止の安全措置を行いました。当該中学校については、直ちに、応急措置を行い、通行できる状態にしました。

今後、事故の原因を営繕担当部署と調査し、必要な再発防止策について検討を行い、対応していきます。

落下箇所周辺 落下箇所周辺

落下した石膏ボード及びコンクリート片 落下した石膏ボード及びコンクリート片

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部学校環境整備課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階