もしもなにかあったら!?どうすればいいかな?

最終更新日:2021年11月4日

ここから本文です。

かじがおこったときのために

しょうかきのつかいかたをおぼえよう!

消火器の使い方1消火器の使い方2消火器の使い方3

  1. あんぜんぴんをうえにひきぬく
  2. ホースをはずしてもえているものにむける
  3. レバーをつよくにぎる

ひなんをするときはどうすればいいかな?

  • けむりをすわないように、タオルなどでくちをおおいましょう。
  • ひくいしせいですすみましょう。

ふだんからのこころがけ

  • かいだんのばしょやひなんきぐのつかいかたをかくにんしましょう。
  • となりのいえとのあいだにあるしきりばんのまえにものをおかないようにしましょう。

じしんがおこったときのために

ちいきのかつどうにさんかする

はんしんあわじだいしんさいがおこったあと、いざさいがいがおこったときにみんながきょうりょくしてちいきをまもれるようなかつどうがはじまりました。

  • ちいきのくんれんにさんかする

  • ぼうさいあんぜんマップをつくる

  • ちいきのイベントにさんかする

じしんがおこったときはどうすればいいかな?


テーブルやベッドなどのじょうぶなかぐのしたにもぐりましょう。


できるならひをとめましょう。


マンションのドアはじしんのあとはあかなくなることがあります。ベランダからにげるほうほうもかんがえておきましょう。


じしんのあとはブロックでできたかべやガケ、かわべりがくずれやすくなっていますのでちかづかないようにしましょう。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階