IHクッキングヒーターにも火災の危険

ここから本文です。

火を使わないから絶対に安全?「IHクッキングヒーター」

近年、ガスこんろに代わって多くのご家庭で使用されているものに、IHクッキングヒーターがあります。

IHクッキングヒーターが普及した理由のひとつに「火を使わないから安全」ということが挙げられます。

火を使わずに調理ができるという点では、確かに安全と言えるのですが、使い方を誤ってしまうと、やはり火災や事故が発生する危険があります。今回は、実際に発生した事例から、より安全にIHクッキングヒーターを使用するための注意点を考えたいと思います。

事例1

揚げ物をするために、小さな片手鍋にてんぷら油を100ml程入れて加熱中、他の用事で約3分間台所を離れていたところ、てんぷら油が発火し、火災が発生した。

この火災が発生した最大の要因は、調理中に台所を離れたことですが、その他に、IHクッキングヒーターの特徴が要因のひとつとなっています。その特徴とは「加熱する力が強い」ことです。少量の油が強い火力で急速に加熱されたため、安全装置の作動が間に合わず火災が発生してしまったのです。

事例2

IHクッキングヒーターの上にカセットこんろを置き、カセットこんろを点火させようと操作していたところ、カセットボンベが破裂し、周囲の物品が破損した。

この事故が発生した最大の要因は、気付かないうちにIHクッキングヒーターのスイッチを押してしまったことですが、こちらでもIHクッキングヒーターの特徴が要因のひとつとなっています。その特徴とは「加熱中も火が見えない」ことです。カセットボンベが加熱され始めていても火が見えないため、ボンベが破裂するまで気付くことができなかったのです。

鍋を加熱する仕組み

ここで、IHクッキングヒーターが、どのようにして鍋を加熱するのかを考えてみます。

IHクッキングヒーターの天板の下には、磁力発生コイルが設置されており、そのコイルに電流が流れることによって磁力線が発生します。磁力線は通過した金属にうず電流を発生させる性質を持っており、発生させたうず電流と金属の電気抵抗を利用して、金属である鍋自体を発熱させるのです

火災や事故を防ぐために

IHクッキングヒーターからの火災や事故を防ぐために、以下の点に注意して下さい。

  • 周囲に物を置かない
    金属と天板が1cm程離れていても、金属は発熱します。
  • 主電源は切る
    誤って加熱スイッチを押してしまうことによる火災や事故を防ぐことができます。他の電気製品と同じく、使わないときは主電源を切りましょう。
  • 揚げ物は規定量の油で行う
    揚げ物モードがある機種は、必ず揚げ物モードを使用して、定められた油の量を守って調理して下さい。
  • 専用の調理器具を使用する
    専用の鍋などを使用しないと、十分な熱量が得られないばかりでなく、場合によっては安全装置が正常に働かず、火災や事故を引き起こしてしまう可能性があります。
  • 鍋の予熱は慎重に行う
    加熱する力が非常に強いため、空焚き状態では急激に温度が上がります。高温になった鍋に油を注ぐと、瞬時に発火する可能性があります。

そして何より、炎が見えないからといって油断せず、火災に対する警戒心を忘れないようにして下さい。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階