現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > お知らせ > 消火器の破裂に注意!

更新日:2021年10月21日

消火器の破裂に注意!

ここから本文です。

平成21年、大阪市内で駐車場に置かれていた古い粉末消火器が破裂し、男児1名が負傷する痛ましい事故がありました。また、同様の事故は平成13年に名古屋市で、昭和61年に加古川市でも発生しています。

なぜ破裂するの?

/images/5556/130310syoukaki2.jpg加圧式消火器は安全ピンを抜いてレバーを握ると、内蔵されている加圧用ガス容器内のガスが吹き出して内部が加圧され、消火薬剤を噴射します。この時、底が腐食していたりすると、圧力に耐えきれずに底が抜け、消火器本体がロケットのように飛ぶことがあります。


消火器は置いているだけでも破裂するの?

容器が錆びていなければ消火器は破裂しません。また、錆びていてもレバーを握らない限り破裂することはありません。
ただし、消火器が倒れたときなどにレバーが作動し、容器内が加圧される可能性があります。また、間違って使用してしまうおそれがありますので、老朽消火器はすぐに処分しましょう。

対策

消火器は日常的に点検を行い、老朽消火器は速やかに処分しましょう。点検の方法と処分の方法についての詳細は下記のページをご覧ください。

児童生徒への注意喚起

消火器の作動時には一気に圧力が放出されます。緊急時や訓練時以外で消火器に触れることがないよう、児童生徒に対し家庭、学校、地域などで充分な注意喚起を行ってください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階