露店等の防火対策

ここから本文です。

 

露店等の防火対策について

平成25年8月15日に京都府福知山市花火大会火災が発生した後、消防法施行令の条例制定基準等が改正されたことに伴い、神戸市においても神戸市火災予防条例を改正し、多数の者が集合する催しにおいて、対象火気器具等を使用する場合に消火器の準備を、対象火気器具等を使用する露店等を開設する場合に届出が必要となります。また、屋外における催しの防火管理体制の構築を図るため、大規模な催しを主催する者に対して、防火担当者の選任、火災予防上必要な業務の計画の作成等が義務付けられます。

多数の者の集合する催し(参加者が相互に面識がある催しや、名簿等で参加者が特定できる催しを除く)においてコンロ・ストーブ・ホットプレート・携帯用発電機など火気器具を使用する場合

大規模な催しにおいて火器道具を使用する場合の義務
義務化された項目 概要
(1)消火器の準備 火気器具を取り扱う者(主催者等がまとめて準備することも可)が準備します。火気器具ごとに1本必要ですが、1ブース内で複数の火気器具を使用する場合は、1ブース内で1本としても構いません。
(2)露店等を開設する場合の消防署への届出 露店等を開設する者または主催者等が届出を消防署へ提出します。露店の開設場所、消火器の位置、火気器具の位置、燃料の位置を示した配置図を添付してください。

露店等の開設届出書

火気を取り扱う露店等を開設する者の一覧表

特に大規模な屋外での催し(露店等の数が80以上のもの)で、消防長が「指定催し」と指定した催しの主催者に対し

大規模な催しにおいての義務
義務化された項目 概要
(3)防火担当者の選任・火災予防上必要な業務に関する計画の提出(罰則有り) 消防長が指定した「指定催し」の主催者は、防火担当者を定め、開催日の14日前に消防署へ予防計画を提出します。なお、予防計画を提出しなかった主催者に対して30万円以下の罰金が科せられます。

火災予防上必要な業務に関する計画提出書

予防計画の例

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階