現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > ストーブ火災が増加するこの時期、安全にストーブを使用してください!

更新日:2020年12月18日

ストーブ火災が増加するこの時期、安全にストーブを使用してください!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月18日)
消防局予防部予防課

1 これからの時期、要注意の火災

 年末に近づくにつれ気温も下がり本格的な冬が近づいてきました。これからの時期に増えてくるのがストーブによる神戸市内 平成27年~令和元年火災です。ストーブには電気、石油、ガスなど様々な種類がありますが、神戸市で一番多く発生しているのが電気ストーブによる火災です。石油ストーブなどと違い燃料等を使用せず、炎が出ないことから安全だと思われるかも知れませんが、毎年多くの火災が発生しています。

2 ストーブ火災で最も多い原因「可燃物接触」

 ストーブ火災の原因で最も多いのが、衣類等の燃えやすいものがストーブに直接接触することで出火する可燃物接触神戸市内 平成27年~令和元年す。具体的には、「ストーブを点けて就寝中に布団が接触して出火する」「ハンガーから落ちた衣類が接触して出火する」といった事例があります。
 このような可燃物接触による火災を防ぐための安全装置(光センサー)が付いた製品もありますので、電気ストーブの購入の際にはそちらもご検討ください。

3 ストーブ火災を防ぐために

ストーブを使用する際は以下の3点を必ず守ってください。

  1. 就寝時は布団や着衣が接触する可能性があるので、ストーブを使用しない。
  2. 近くに衣類やスプレー缶等の燃えやすいものを置かない。
  3. 給油する際は必ず一旦消火し時間を置いて給油する。

4 実験動画をご覧ください

 神戸市消防局では、「まず見て、知ってもらう」ことを目的に、神戸市のホームページとYou Tubeに火災の実験動画を配信しています。下の二次元コードを読み取るか、「神戸市消防局実験動画」で検索してご覧ください。暖房器具火災の実験動画は下記の4本がアップされています。

 ・石油ストーブ「うっかりこぼしてしまった」二次元コード

 ・電気ストーブと心の油断が導く方程式

 ・お使いのスプレー缶うっかりファンヒーターの前に転がっていませんか!?

 ・こたつに入れるのは足だけにして下さい。衣類を入れると…

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階