現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > ガストーチバーナーによる火災が増えています!

更新日:2020年10月29日

ガストーチバーナーによる火災が増えています!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月29日)
消防局予防部予防課

1.ガストーチバーナーとは

主にカセットボンベに接続して用いる簡易的なガスバーナーのことで、近年は一般家庭にも普及し、アウトドアバーベキューでの火起こしや、炙り料理、DIY等で使用されています。

 正しく使えば便利な道具ですが、カセットボンベは異常燃焼やガス漏れ火災が起こると消火が難しく、怪我(火傷)をしたり、最悪の場合、爆発する危険も潜んでいます。

2.火災の発生事例

  • 傾け使用による異常燃焼:使い始めから傾けて使用したため、ボンベ内の液化ガスが十分に気化されずに漏れ出し異常燃焼が発生した。ガストーチバーナー異常燃焼
  • ガス漏れ火災:取付け不良やネジの緩みの他、経年劣化によるゴムパッキンの変形、ガスボンベ取付け部の変形等によって取り付け部からガス漏れを起こし、漏れたガスに引火した。

3.火災の防止方法

  • 取扱説明書をよく読む

簡易的な製品なので感覚的に使用してしまいがちですが、製品によって機能・性能は様々ですので必ず読みましょう。

  • 使用前に点検する

「ボンベを持つ手に冷気が当たる」、「玉ねぎの腐ったような臭いがする」、「栓が閉まっているのにシューシュー音がする」といった兆候は、危険なガス漏れのサインです。

  • 仕様外の使い方は避ける

傾け使用に対応していない製品での傾け使用や、逆さでの使用は異常燃焼を発生させる原因となります。使用前に説明書をよく確認し、仕様外の使い方は避けるようにしてください。

  • 漏れたガスに引火してしまった場合の対応方法

消火できれば漏れ出ているガスを止めることができるので、粉末消火器を使用し消火してください。粉末消火器が周囲になければ、水を張った金属製容器に沈めることで消火することも可能です。その際、水の量が少ないと消火できない場合があるので、ボンベが完全に沈む程度の水を用意してください。

4.実験動画をご覧ください

 神戸市消防局では、「まず見て、知ってもらう」ことを目的に、神戸市のホームページとYou Tubeに火災の実験動画を配信しています。下のQRコードを読み取るか、「神戸市消防局実験動画」で検索してご覧ください。QRコード

検索

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階