現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年11月 > 令和3年 秋の火災予防運動の実施-あなたの家の住宅用火災警報器、本当に鳴りますか?-

更新日:2021年11月5日

令和3年 秋の火災予防運動の実施-あなたの家の住宅用火災警報器、本当に鳴りますか?-

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年11月5日)
神戸市

11月9日(119番の日)から一週間、全国で「秋の火災予防運動」が実施されます。
神戸市においても、火災予防の広報、各消防署の訓練やイベントを行います。特に設置義務化から10年が経過する「住宅用火災警報器」の設置・維持管理に力を入れた内容となっています。

住宅用火災警報器の重要性

ここ5年間の神戸市内の住宅火災において、住宅用火災警報器の「あり・なし」を比較すると、住宅用火災警報器がある場合は、死者発生率は4割、焼損面積は7割、損害額は7割以上減少することが確認されています。
住宅用火災警報器を設置することで、火災発生時の被害拡大リスクが大幅に減少することが分かりました。

住宅用火災警報器の設置義務化から10年が経ち、神戸市内の設置率は約92%と全国平均の83%を上回っていますが、住宅用火災警報器は10年経つと、電池切れやセンサーの劣化などで動作しなくなる可能性が高まります。
そこで、ご自宅に設置されている住宅用火災警報器を点検していただき、動作が確認できない場合は、本体交換を呼びかけています。

秋の火災予防運動主な取り組み

1.住宅用火災警報器の動画の放映(神戸市HP、YouTube、ミント神戸大型ビジョン等)

2.産官学連携
・小中学生の防火ポスター展示(須磨パティオ・ベルスト鈴蘭台)
・伊川谷北高等学校書道部の防火標語展示(花時計ギャラリー)

3.公共交通機関
・神戸市営バス(ボディステッカー※一部の路線)
・JR須磨駅、須磨海浜公園駅、鷹取駅(電子掲示板)
・山陽バス(中吊広告※一部の路線)
・神戸電鉄(中吊広告・駅構内のデジタルサイネージ)
・神戸市営地下鉄(ポスター掲示・放送・電子掲示板)

神戸市消防局HP
「秋の火災予防運動」ページ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部予防課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階