ホーム > 子育て・教育 > 生涯学習 > 神戸市立図書館トップページ > 記者発表2022年3月 > 神戸あじさいライオンズクラブから小児がんをテーマにした絵本を市立図書館や小学校等に寄贈

最終更新日:2022年3月24日

神戸あじさいライオンズクラブから小児がんをテーマにした絵本を市立図書館や小学校等に寄贈

ここから本文です。

館章

記者資料提供(令和4年3月24日)

1.趣旨

神戸あじさいライオンズクラブより、絵本「ぼくはレモネード屋さん」179冊を、市内の図書館、全小学校、こども本の森 神戸 にご寄贈いただきました。いただいた絵本は、それぞれの図書館や小学校等で活用させていただきます。
絵本「ぼくはレモネード屋さん」

2.寄贈者

神戸あじさいライオンズクラブ

会長 小曽根 紀子氏

神戸市中央区港島中町6-10-1

3.寄贈場所

図書館12館、こども本の森 神戸、市立小学校163校

4.寄贈内容

絵本「ぼくはレモネードやさん」(えいしま しろう著 生活の医療社) 179冊

「ぼくはレモネードやさん」は、小児がんになった著者の目を通して、小児がん患者の想いを描いた絵本です。退院後も続く後遺症や家族への支援の必要性についても理解が深まる内容となっています。

神戸あじさいライオンズクラブは、結成30周年となる今期、「難病と闘う子供達と家族を支援」という奉仕テーマのもと活動されており、その事業の一環としてご寄贈いただきました。

(参考)神戸あじさいライオンズクラブ

神戸あじさいライオンズクラブは、ライオンズクラブ国際協会に所属する日本で10番目の女性クラブとして、1992年7月15日に結成。結成以来、労力を伴う奉仕事業を、女性ならではの目線で実施。毎年チャリティーバザーを開催し事業資金を得て、継続事業の他、毎年新しいテーマを考え様々な奉仕事業に取り組む。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局中央図書館総務課 

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-2-1