現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年2月 > 多田 多恵子さん講演会「植物の知恵~科学の本はふしぎの入り口~」の開催

更新日:2020年2月18日

多田 多恵子さん講演会「植物の知恵~科学の本はふしぎの入り口~」の開催

ここから本文です。

神戸市立図書館館章

記者資料提供(令和2年2月18日)
教育委員会事務局
中央図書館利用サービス課

 福音館書店の月刊誌「かがくのとも」「ちいさなかがくのとも」をはじめ、子ども向けの科学図書を多数執筆・監修している植物学者の多田多恵子(ただたえこ)さんに植物の生き残り作戦、虫・動物とのかかわりや、科学の本づくりについてのお話などをご講演いただきます。子どもたちが楽しめるような実験も行います。
 この講演は、子どもの読書週間行事の一環として開催します。

1.タイトル

「植物の知恵~科学の本はふしぎの入り口~」

2.日時

令和2年(2020年)4月25日(土曜)14時~16時(13時30分開場)

3.会場

神戸市立婦人会館 5階大会議室「さくら」

4.講師

多田多恵子(ただたえこ)さん(植物学者)

5.定員・対象

200名(小学生以上)先着順

6.参加費

無料

7.申込み

3月10日(火曜)から受付開始 ※定員になり次第締め切ります。

電話か下記申込フォームから
○神戸市イベント案内・申込センター
電話:078-333-3372 (受付時間:9時から21時/年中無休)
○申込フォーム:https://kobecity-official-event.jp/form/977

  • 手話通訳:4月19日(日曜)までにお申し出下さい
  • 託児サービス(申込先着順):対象:1歳~就学前児童 定員10人
  • 磁気ループ専用席あり(当日申込)

講師プロフィール

多田多恵子(ただたえこ)さん

東京都生まれ。東京大学大学院博士課程修了、理学博士。専門は植物生態学。
立教大学、東京農工大学、国際基督教大学非常勤講師。植物の繁殖戦略、虫や動物との相互関係などをワクワク調べて楽しみ、一般向けに観察会も開いている。
福音館書店の月刊誌「かがくのとも」「ちいさなかがくのとも」をはじめ、こども向けの科学図書を多数執筆・監修している。NHKラジオ「こども科学電話相談」の回答者。

こどもの読書週間行事

「こどもの読書週間」(4月23日~5月12日)の期間を中心に、市内の各図書館(計11館)で児童書の展示、おはなし会、一日図書館員、工作会など、さまざまな催しを行います。

(参考)こどもの読書週間
1959年(昭和34年)年にはじまった、「こどもの読書週間」。
もともとは5月1日~14日(こどもの日を含む2週間)でしたが、2000年(平成12年)の「子ども読書年」を機に、現在の4月23日~5月12日の約3週間に期間を延長。4月から5月にかけては、「国際子どもの本の日」・「サン・ジョルディの日」などの記念日・関連イベントも多く、また、2001年(平成13年)12月に公布・施行の「子ども読書活動推進法」により、4月23日が「子ども読書の日」となった影響もあって、「こどもの読書週間」は年々大きな盛り上がりを見せています。(社団法人読書推進運動協議会ホームページから)

関連資料

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局中央図書館総務課 

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-2-1