ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年6月 > 市へ提出する申請書等への押印を原則廃止します

最終更新日:2021年6月1日

市へ提出する申請書等への押印を原則廃止します

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年6月1日)
神戸市では市民や事業者の皆様の申請等の手続きにおいて、負担軽減や利便性の向上、のため市へ提出される申請書等への押印について、実印の押印が必要なものを除き、原則廃止します。
これにより、「行財政改革方針2025」に掲げるスマート自治体の実現に向け、行政手続きのスマート化を進め市民サービスの向上を図ります。

1.押印の廃止について

 令和2年11月に「押印の見直し基準」を定め、市民や事業者、団体等から提出される申請書等について、押印の義務付け廃止にむけた見直しを進めてきました。
 見直しの結果、国の法令や外部機関の定めによるものを除く2,161手続きのうち、1,941手続きで押印を廃止し、153手続きについては、廃止に向けた検討を進めています。残る67手続きは押印を存続しますが、社会情勢等を見ながら、他の代替手段等を引き続き検討していきます。

押印を廃止した手続き 1,941手続き
廃止に向けた検討を進める手続き 153手続き
押印を存続する手続 67手続き
2,161手続き

 ※具体的な手続きの名称等は以下を参照
 【別紙】押印見直し手続き一覧(PDF:606KB)

2.その他

国の法令や外部機関の定めにより押印を求めているもの(1,018手続)については、国の対応等にあわせ、順次見直しを行っていきます。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局デジタル戦略部イノベーション担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館11階