現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年5月 > 神戸市とコード・フォー・ジャパンとのパートナーシップ協定の締結

更新日:2020年5月27日

神戸市とコード・フォー・ジャパンとのパートナーシップ協定の締結

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年5月27日)

1.協定の趣旨

 神戸市と一般社団コード・フォー・ジャパンは、それぞれが有する人的・物的・知的資源を有効に活用し、神戸市の行政活動の生産性向上、効率化及び質的向上に寄与することを目的としてパートナーシップ協定を締結します。
 この度の協定締結を機に、市政運営のデジタル化をより一層推進します。

2.協定締結日

 令和2年5月27日(水曜日)

3.Code for Japanについて

 代表理事 関 治之氏[神戸市チーフ・イノベーション・オフィサー]

 IT技術を活用した地域課題の解決をめざす一般社団法人。市民主体で課題解決を行うコミュニティ作りの支援や、自治体への民間人材派遣などの事業に取り組んでいます。
 これまでも、神戸市は同団体の人材派遣プログラムである「コーポレートフェローシップ」を利用し、民間IT人材を受け入れ、民間のノウハウやネットワークを活用してきました。また、代表理事の関治之氏には、神戸市のチーフ・イノベーション・オフィサーに就任いただき、オープンデータ活用・スタートアップ支援などに対して、俯瞰的な目で助言いただくなど、連携を行っています。

4.協定の主な内容

 (1)市政運営のデジタル化の推進に関すること
 (2)デジタル化の推進に必要となる人材の育成に関すること
 (3)デジタル化に関する周辺自治体との連携・共同事業の推進に関すること

5.その他

 コード・フォー・ジャパンは、同日付で芦屋市と同様の協定を締結予定であり、今後、芦屋市との情報交換・連携についても検討していきます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局情報化戦略部イノベーション担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館11階