現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年9月 > 水まわり修理の関する相談増加中

更新日:2020年9月25日

水まわり修理の関する相談増加中

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年9月25日)
経済観光局消費生活センター

水まわり修理に関する相談増加中 弱みにつけ込み高額請求、修理依頼は慎重に! 消費生活相談情報(令和2年9月)

1.相談事例から

夜間に自宅のトイレが詰まり、ネット検索した業者に電話で修理を依頼した。圧力ポンプでの作業5,000円。解消できない場合、排水管内機械式貫通作業と遺物除去作業各々45,000円かかると聞き、「他の業者でも同じくらいの金額ですよ」と言われたので、仕方なく了承した。
最終価格は10万4,500円だったが、端数は値引きするといって、10万円を請求された。契約書に「ネット割引価格」と記載があるが、割引前の価格の説明はなく、請求額にネット割引が適用されているのか不明で高額請求されている。(相談者20代、女性)

2.関連の相談状況

①水まわり修理に関する相談件数

(表1)相談件数

(表2)相談内容内訳

水まわりに関する苦情や相談件数は、表1のとおりです。水まわり関連相談の半数以上がトイレにかかわる相談内容となっています。(表2)
相談内容は、『トイレのつまり』『キッチン・風呂・洗面所の水漏れなどのトラブルに対する工事費用や工事内容・価格の説明不足』などについての苦情が多い状況です。
今年度は、昨年同時期の相談件数を上回り(1.8倍)、増加傾向となっています。

②年度別年代別相談件数、性別相談件数

(表3)年代別年代別相談件数では、50~80歳代の割合が多くなっています。(表3)
性別相談件数では、女性が契約当時者である場合が多い状況です。(図1)

(図1)年度別、性別

3.神戸市消費者センターからのアドバイス

水まわりのトラブル時、インターネット検索やマグネット広告の業者に修理を依頼してしまうことも多いと思います。「簡単な修理と思ったが、請求金額が広告の表示価格よりかなり高額であった」「業者が最初に説明もなく、工事が進み高額工事費を請求された」などの同様の相談が多く寄せられています。
水まわりの修理の作業内容や価格は、一般的に作業員が住居を訪問し、現状を確認したうえでないと確定できないのが通常です。電話やネットで事業者に依頼し、現状確認をしてもらい、説明を受けた時点では、その事業者と明確に契約する意思があるとは言えません。
インターネット割引が適用されているのか説明がなく、価格が高額で納得できない場合は、消費者からクーリング・オフ通知による意思表示をしたうえで、事業者と話し合いをするのも一法です。

水まわりの契約トラブルに遭わないための備え

神戸市では、水まわりのトラブルをご相談していただけるステッカー総合窓口として
「水道修繕受付センター」を開設しています。

水道修繕受付センター ☎0120ー976ー194

  • 24時間365日受付しています。
  • 通話料無料
  • 神戸市の委託契約業者が対応します。
  • ホームページでは、修繕施工例・標準修繕料金・修繕工事実績などが掲載されています。

不審な点や不安に思うことがありましたら、悪質商法や契約トラブルなどに関する窓口である神戸市消費生活センターに
ご相談ください。解決に向けた助言や、クーリング・オフの手続きの説明、専門機関の紹介等をいたします。
◇神戸市消費生活センター◇
場所(神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階)
相談専用電話:188(消費者ホットライン)
相談時間:月曜日から金曜日9時から17時(来訪相談は16時30分まで)
土日祝日(年末年始を除く)10時から16時※独立行政法人国民生活センター(東京)につながります。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階