現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 有料質問サイトに関する相談が増えています!

更新日:2020年3月19日

有料質問サイトに関する相談が増えています!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月19日)
市民参画推進局消費生活センター

有料質問サイトに関する相談が増えています!(令和2年3月消費生活相談情報)

1.相談事例から

(事例1)

以前に大手のソフトウエア会社でパソコンの有料サポート契約をしていたことがあり何度か利用していた。今回も同じ会社に質問したところ、別の業者から3800円請求する内容のメールがきた。おかしいと思い、ソフトウエア会社に連絡したところ、「当社とは無関係です、消費生活センターに相談してみては」と言われた。自身は同じ会社だと思っていた。解約できるだろうか。

(事例2)

質問サイトでインターネット関連の質問を初回500円で申し込んだ。しかし、その後に3800円の請求が上がってきた。申し込んでいない継続契約となっていたので、事業者に連絡したところ「利用規約に記載されている。費用発生についても記載している。解約しない限り継続となる」と言われた。

2.相談件数(2月末時点)

年度

平成30年度

令和元年度

件数

14

35

 

3.神戸市消費生活センターからのアドバイス

事例のように質問した会社がメーカー公式ホームページだと思ったら別の有料質問サイトだったといった相談が多く寄せられています。検索をして上位に表示されたサイトにアクセスすると、あたかも公式のホームページと認識するような内容になっているようですので、URLをよく確認することが大切です。

有料質問サイトでは「料金体系がよく分からなかった」「自動的に定額コースになるとは思わなかった」といった声も多く寄せられています。インターネット通販では画面に表示されたルールに従うことになりますので、申し込み画面や、特にクレジット番号の入力画面では、今一度、利用規約を再確認しましょう。

また、解約する場合もクレジットカード会社の解約だけでは、事業者との売買契約自体は続く場合があるので、サイトの問い合わせ窓口で解約となっていることをしっかりと確認しておくことも重要です。

 

この他、不審な点や不安に思うことがありましたら、悪質商法や契約トラブルなどに関する窓口である神戸市消費生活センターにご相談ください。解決に向けた助言や、クーリング・オフの手続きの説明、専門機関の紹介等をいたします。

相談専用電話:188(消費者ホットライン)

相談時間:月曜日から金曜日(12月29日から1月3日、祝日を除く)

午前9時から午後5時(ただし、来訪相談の受付は午後4時30分まで)

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階