現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年1月 > 美顔器を代引きで送付します、受取拒否は手数料が必要!

更新日:2020年1月20日

美顔器を代引きで送付します、受取拒否は手数料が必要!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年1月20日)
市民参画推進局消費生活センター

美顔器を代引きで送付します、受取拒否は手数料が必要!(令和2年1月消費者被害情報)

1.相談事例から

スマホに「美顔器の申し込みありがとうございます。出荷予定は明日です。注文合計は15,180円代引き、客都合の返品・交換・取消は不可、受取拒否の場合は、往復送料、代引手数料・梱包資材費・事務手数料を請求します。このメールに心当たりがない場合、不明点はメール宛に返信してください」と書かれたメールが届いた。注文した覚えがないがどうしたらいいのだろうか、また届いたらどう対処したらいいのか。

2.相談件数

月別(令和元年)

10月

11月

12月

合計

件数

18

10

5

33

3.神戸市消費生活センターからのアドバイス

令和元年10月頃からの事例のような架空請求メールと思われる相談が多く寄せられています。同様の相談は男女年齢問わず不特定多数の方に送り付けられています。

発信元の事業者名は相談事例ごとに違い、ランダムに作成されたと思われるカタカナ4文字が記載されており、請求額は15,180円となっている特徴がみられます。

  • 心当たりがない不信なメールに返信をしてはいけません。無視して削除しましょう。
  • 申し込んだり、契約してなければ受け取る義務も代金を支払う必要もありません。
  • 万が一、商品が届いた場合は受取拒否し、送付者の名称・連絡先等を控えておきましょう。
  • 販売業者から全く身に覚えがないものが一方的に送り付けられ、その商品代金・手数料などが請求された場合はネガティブオプションと考えられます。
  • ネガティブオプションの場合は商品が届いても、開封せずに14日間(業者へ引き取りの請求をした場合は引き取り請求から7日間)経過した場合は、業者はその商品の返還請求をすることができなくなります。一方で、消費者は保管中、他人の物を預かっているので消費せずに保管する義務を負いますので注意が必要です。

 

この他、不審な点や不安に思うことがありましたら、悪質商法や契約トラブルなどに関する窓口である神戸市消費生活センターにご相談ください。解決に向けた助言や、クーリング・オフの手続きの説明、専門機関の紹介等をいたします。

相談専用電話:188(消費者ホットライン)

相談時間:月曜日から金曜日(12月29日から1月3日、祝日を除く)

午前9時から午後5時(ただし、来訪相談の受付は午後4時30分まで)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階