ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年8月 > 「火災保険を使って住宅の修理が出来る」と誘う住宅修理契約トラブルに注意!!「KOBEくらしのレポート9月号」より

最終更新日:2021年8月31日

「火災保険を使って住宅の修理が出来る」と誘う住宅修理契約トラブルに注意!!「KOBEくらしのレポート9月号」より

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年8月31日)

「神戸市くらしのパートナー」が地域で見聞きした情報をもとに、「消費生活マスター」が執筆した記事をまとめた「KOBEくらしのレポート9月号」を作成しましたのでお知らせします。

「KOBEくらしのレポート」8月号の主な内容

「火災保険を使って住宅の修理が出来る」と誘う住宅修理契約トラブルに注意!!
・宅配業者を装ったメール(詐欺メール)が頻繁に届くが、どうすればいいの?
・兵庫県警察が「特殊詐欺被害防止コールセンター 」を開設、電話での注意喚起を行っています。
・家電製品の廃棄は適切に!!
・いまさら聞けない!?計量スプーンと計量カップ
・催眠商法(SF 商法)ってクーリング・オフできるの?

<参考>神戸市くらしのパートナーについて

神戸市くらしのパートナーは、安全・安心なくらしを守るため、不審な電話勧誘など地域で生じている様々な消費者問題に対し、お困りの方と消費生活センターとの橋渡しを行います。

<参考>消費生活マスターについて

多様化・複雑化する消費者問題に対応するため、神戸市が養成した消費者問題の解決方法を提案できる人材です。100時間にも及ぶ専門講座「神戸コンシューマー・スクール」を修了しており、法律や経済などの幅広い知識を備え、くらしのパートナーによる調査の分析も行います。

関連リンク

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階