現在位置

ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 注意・啓発情報 > 電力の小売全面自由化に伴う勧誘に注意しましょう!!

更新日:2019年11月1日

電力の小売全面自由化に伴う勧誘に注意しましょう!!

ここから本文です。

今年4月から電力の小売全面自由化が始まります。
これまで、決まった電力会社との契約でしたが、自由化により、電力会社や料金メニューを消費者が選択できるようになります。
契約するときは、契約内容をよく理解してから契約しましょう。
特に切替えの契約をしない場合は、現在の電力会社から電気が供給されますので、あわてて契約する必要はありません。
また、訪問販売・電話勧誘販売で新料金の申込みをした場合に限り、契約書を受け取った日から起算して8日以内であればクーリング・オフができます!

国民生活センターへも相談が寄せられています。
もし、不安や疑問があるときは、電力取引監視等委員会や神戸市消費生活センターへご相談ください。

相談事例

  • (1)「電力自由化で電気料金が上がるから」と電話があり、電力の小売全面自由化と全く関係のない高額な太陽光発電システムの取り付け契約をしてしまって
  • (2)電力会社の関連会社を名乗り「自由化で電気料金が安くなる。そのために調査に来た」と訪問があった。
  • (3)ケーブルテレビ会社から「インターネット、電気、テレビ、電話をセットで契約すれば値引きになる」と長時間にわたる勧誘があった。
  • (4)携帯電話会社から電力自由化に伴い、料金見直しを勧めるメールが届いた

契約をする前に確認しましょう!

あわてて契約する必要はありません。

  • (1)契約する小売電気事業者は、登録された事業者ですか。
  • (2)価格などを比較するときは、自分の家の使用量を基に比較しましたか?
  • (3)契約期間や途中解約、割引の条件を理解していますか。
  • (4)電力小売全面自由化に伴って、新たな機器の購入等を求められていませんか。

※一般的には新たな機器の購入の必要はありません。
ただし、消費者側の事由によるスマートメーター設置場所の変更など、メーター取替えに伴う工事に費用が掛かる場合があります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階