現在位置

ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 消費者教育の推進 > 消費生活マスター > 神戸コンシューマー・スクール

更新日:2019年12月24日

神戸コンシューマー・スクール

ここから本文です。

  • [3月31日]神戸コンシューマー・スクールは平成26年3月31日をもって終了しました。

「神戸コンシューマー・スクール」は、消費者問題の専門家を養成するためのマスターコースです。
消費者問題が多様化・複雑化する中、法規、経営・経済をはじめ幅広い分野にわたって複眼的視点をもち、多様な解決策を提案できるコーディネーターの人材が求められています。
本スクールは、消費生活専門相談員等の資格を有する人や、企業において消費者問題に実務経験を持っている人を対象に、情報・人的交流を図りながら、消費者問題の社会的解決を提案できる力を養成します。
修了後は、消費者問題解決の専門家(消費生活マスター)として、幅広く消費者啓発や消費生活相談員等の指導を行ないます。

概要

  1. 1.設立
    平成21年9月5日
  2. 学長
    神戸市長
  3. 入学資格
    消費生活専門相談員、消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタントのいずれかの資格を取得している者、又は消費生活相談員、企業のお客様相談窓口等で、概ね3年の実務経験のある者
  4. 講義内容(スクールの特徴)
    • (1)大学、企業、生協、行政などから講師を招き、法律、経営・経済、環境、食料、心理学などの消費生活に関連する幅広い分野の学習を行います。
    • (2)先端的な事例(立法化の必要な領域など)を題材に、ケーススタディーを中心とした授業を行うとともに、6~10人ずつのゼミナールを実施し、実践的な能力を養成します。
    • (3)講師と学生が議論しながら、新しい消費者問題の掘り起こしを行い、消費者と企業の両者の立場から解決策を探るというアプローチを目指します。
    • (4)研究発表会を開催し、消費者問題の研究や提言を情報発信します。
    • (5)自主学習を支援するためのパソコン環境を整備しています。
  5. 修了生
    合計134名(内訳:1期生 30名、2期生 29名、3期生 29名、4期生 28名、5期生 18名)
  6. 終了
    平成26年3月31日

研究報告書

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階