現在位置

ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 高齢消費者対策 > 消費者被害に巻き込まれないために

更新日:2019年11月1日

消費者被害に巻き込まれないために

ここから本文です。

神戸市では、みなさんのくらしに関する相談窓口を設けています。
悪質な勧誘を受けるなど、消費生活に関し不安を感じたら、気軽にご相談ください。

神戸市消費生活センター

相談時間

  • 平日 9時~17時(来訪相談の受付は16時30分まで)
  • 土日祝日 10時~16時(電話相談のみ)

※12月29日~1月3日・祝日を除く
※東京の国民生活センターに接続します。
※通話料については、音声ガイダンスが流れますので、ご確認ください。
消費者ホットラインは、携帯電話会社の通話料金定額サービスの適用がありません。

こんな事例に気を付けましょう!(消費者トラブル事例集)

高齢者の消費者被害(独立行政法人国民生活センター)(外部リンク)

使ってみよう!(悪質商法対策)

神戸市では、消費者トラブル対策として色々なツールを用意しています。
みなさんも一度、試してみませんか?

悪質な訪問販売お断りステッカー 出前トーク

※その他、独立行政法人国民生活センターが「くらしの豆知識」というわかりやすいハンドブックを作っています。

くらしの豆知識 (独立行政法人国民生活センター)(外部リンク)

クーリング・オフ制度を知っていますか?

クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売など不意打ち的な取引やマルチ商法などリスクの高い取引について消費者が契約した後、冷静になって考え直す時間を与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度です。

クーリング・オフできる期間

契約書面を受け取った日から、

  • 8日間―訪問販売・電話勧誘販売・継続的なサービスの提供(語学教室・パソコン教室など)・訪問購入(押し買い)
  • 20日間―マルチ商法・内職商法

ただし、店舗で購入した商品や通信販売で購入した商品等にはクーリング・オフを適用できません。
※通信販売の場合には、返品の可否・条件・送料の負担を広告に表示していない場合は、商品の引き渡しを受けた日を含めて8日間、送料を消費者負担での返品が可能です。

クーリング・オフは書面で通知しましょう。はがきの書き方は下記リンクページを参考にご覧ください。

クーリングオフハガキの書き方(PDF:2,196KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階