現在位置

ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 計量検査 > 計量の豆知識 > 日常生活での計量器 ~家庭用計量器の性能確保について~

更新日:2019年11月1日

日常生活での計量器 ~家庭用計量器の性能確保について~

ここから本文です。

計量器には、皆さんのご家庭で「家庭用特定計量器」と呼ばれ使用されているものがあります。体重計(ヘルスメーター)、乳幼児用体重計(ベビースケール)、調理用のはかり(キッチンスケール)がそれで、取引・証明用(検定品)に比べ比較的安価です。届出製造事業者及び輸入事業者には検定よりは緩やかな、しかし家庭用としては十分な基準を適用させることにより品質を担保しています。また、それを示す表示(※)を計量器の見やすい個所に付すことになっています。

その他、体温計(ガラス製、抵抗体温計)や血圧計(アネロイド型)は、生命に関わる計量器として製造事業者に検定受検が義務づけられており、検定証印や基準適合証印が付されたものでなければ販売・譲渡等ができないことになっています。

家庭用計量器技術基準適合マーク(※)


(直径8ミリ以上)

検定証印や基準適合証印が付されていない家庭用特定計量器については、取引・証明を目的とした計量には使用できません。ご注意下さい。
もし家庭用計量器のチェックをしてほしいといった場合は、下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階