現在位置

ホーム > くらし・手続き > 消費生活 > 計量検査 > 計量の豆知識 > ビール瓶は特殊なビン

更新日:2019年11月1日

ビール瓶は特殊なビン

ここから本文です。

ビールやしょうゆ等の液体商品を容器に入れて販売するときは、計量器で量って入れなければならないと、計量法で定めています。中でも特に、形状・寸法及び液体を満たすべき高さを決めて、届け出たビン(特殊容器という)を使う場合は、液体を一定の高さまで入れればよいこととしています。計って確かめることなく、どこで買っても安心というわけです。(消費者から中身の見えない陶器や紙パックなどの容器で同様の商品を販売するときはラベルなどでその容量を表示しなければなりません。)

このビンは、計量法で定められた型式に適合したビンであることを表すマークが付けられているため、通称「マルショウビン」と呼ばれています。

マルショウビンがいくら正確だからといって、このビンを使って灯油やガソリンを計り売りすることは禁じられています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市民参画推進局消費生活センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター5階