ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年11月 > しあわせの村特別講演会「世界はさわらないとわからない」-今さらだけど「しあわせ」って何だろう-申込受付中

最終更新日:2022年11月22日

しあわせの村特別講演会「世界はさわらないとわからない」-今さらだけど「しあわせ」って何だろう-申込受付中

ここから本文です。

記者資料提供(2022年11月22日)
この度、全盲の文化人類学者であり、視覚障害者を〈触常者(しょくじょうしゃ)〉、健常者を〈見常者(けんじょうしゃ)〉に呼びかえ、誰もが楽しめる博物館「ユニバーサル・ミュージアム」に取り組まれている広瀬浩二郎氏を迎え、“触文化”、触る文化を広めていくようになったきっかけなど、ご自身の活動や経験をお話しいただきます。
つきましては、本講演会の参加者を募集いたしますので、お知らせします。
多くの皆様の参加をお待ちしています。

1.開催日時

2022年12月22日(木曜)13時30分から15時

2.講師

国立民族学博物館 准教授 広瀬浩二郎 氏

≪プロフィール≫
1967年、東京都生まれ。自称「座頭市流フィールドワーカー」、「琵琶を持たない琵琶法師」。13歳の時に失明。筑波大学付属盲学校から京都大学に進学。
2000年、同大学にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。
「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、“触”をテーマにとするイベントを全国で実施。
2021年、国立民族学博物館において特別展「ユニバーサル・ミュージアム-さわる!“触”の大博覧会」を担当。『目に見えない世界を歩く』(平凡社新書)、『それでも僕たちは「濃厚接触」を続ける』(小さ子社)など著書多数。
2021年12月~2022年8月まで神戸新聞「随想」に執筆。

3.会場

しあわせの村 研修館ホール

〒651-1106 神戸市北区しあわせの村1番1号

4.対象者

神戸市在住・在勤・在学の18歳以上の方

5.定員

100名(応募者多数の場合は抽選)

6.参加料

無料

7.申込み方法

お申込みフォームまたはE-mail、FAX、ハガキ
①名前(よみがな)②年齢③郵便番号④住所⑤電話番号を記載

8.締切

12月5日(月曜)必着

9.申込み・問い合わせ先

〒651-1106 神戸市北区しあわせの村1-1
(公財)こうべ市民福祉振興協会 「特別講演会」 係
TEL:078-743-8193/FAX:078-743-8180/E-mail:udm@shiawasenomura.org

参考

開催案内チラシ(PDF:990KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階