現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年1月 > こころのアートギャラリー開設記念深田隆作品展開催

更新日:2021年1月4日

こころのアートギャラリー開設記念深田隆作品展開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年1月4日)
しあわせの村指定管理者 しあわせの村運営共同事業体 
(公財)こうべ市民福祉振興協会 企画運営本部・市民交流課 横山・窪田

1.内容

今年で10年目を迎えた「こころのアート展」に関する作品を年間通して誰でも鑑賞できる場としてしあわせの村に誕生した常設展示場「こころのアートギャラリー」。当展示場開設を記念し、「こころのアート展」題字を揮毫した深田隆氏の個展を開催いたします。

こころのアートギャラリー開設記念深田隆作品展(PDF:262KB)

2.開催日時

令和3年2月3日(水曜)から2月23日(火曜・祝日)10時~16時

(ただし15日(月曜)から19日(金曜)は点検による施設休業により休廊)

3.開催場所

しあわせの村本館・宿泊館2階こころのアートギャラリー(神戸市北区しあわせの村1番1号)

4.料金

入場無料

5.深田隆氏について

片山工房で2003年度から活動する。頭筆法(ヘッドギアに筆をつける)は、パソコンのキーを押す動作からヒントを得て、今に至る。絵や書を描く事は「空が飛べ、爽快な気持ちになる」と語る。常に新しいものを求め、デッサン画・書・油絵・詩など創作の幅は広い。一枚の絵を仕上げるまでには、最低3ヶ月を費やし革命的だが、継続し自己のペースで進むスタイルが逸品を生んでいる。(片山工房ホームページより)

6.こころのアート展について

2011年から始まったこころのアート展は、県内在勤・在住・在学または通所されて、表現活動に取り組んでいる障がい者を公募し、選考された方の各々の作品約10点を個展形式で展示することで、作者ごとの独自の世界を鑑賞していただける展覧会としてしあわせの村で開催しております。10年目となる今年のこころのアート展は第1回から第9回までの出展作者の中から選ばれた10名の新しい作品を展示することとし、1月3日までしあわせの村こころのアートギャラリーにおいて開催いたしました。

7.問い合わせ先

しあわせの村指定管理者 しあわせの村運営共同事業体 

(公財)こうべ市民福祉振興協会 企画運営本部・市民交流課 横山・窪田 

TEL:078-743-8092

FAX:078-743-8180

E-mail:koryu@shiawasenomura.org

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階