現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年4月 > 特別定額給付金における配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援~5月1日以降の申出にかかる取扱いについて~

更新日:2020年4月30日

特別定額給付金における配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援~5月1日以降の申出にかかる取扱いについて~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年4月30日)
福祉局政策課

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により現在お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、所定の申出手続きをしていただくと、下記3の措置が受けられます。事前申出期間は本日4月30日までですが、5月1日以降についても、申出書を提出することはできます。

1. 対象となる方

対象となる「配偶者からの暴力を理由に避難している方」の要件は、次の①~③のいずれかに該当する方となります。

①配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

②婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市区町村等)の確認書が発行されていること

③令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

2. 申出の方法

申出を行う場合は、現在お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ「申出書」を提出してください。配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として、次の書類のいずれかの添付が必要です。

  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や、市区町村が発行するDV被害申出確認書(婦人保護事業委託団体、地域DV協議会参加団体等の民間支援団体も含む)
  • 保護命令決定書の謄本又は正本
  • 住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を証明する書類(令和2年4月28日以降に支援措置を行った方のみ)
(1)現在のお住まいが神戸市の方

下記宛に申出書を送付してください。

〒650-8570 神戸市中央区加納6-5-1

「神戸市役所 特別定額給付金の係」

(2)神戸市に住民票を置いたまま、現在のお住まいが神戸市以外の方

現在お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へ申出書を送付してください。

詳細については下記ページをご確認下さい。

https://www.city.kobe.lg.jp/a06448/kyufukin/haiguusya.html

3. 特別定額給付金についての措置

上記申出手続きをしていただくと、世帯主でなくとも同伴者の分を含めて、給付金を受け取ることができます。

手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

4. 特別定額給付金の申請方法

(1)現在のお住まいが神戸市の方

神戸市に申出書をご提出いただいた方は、申出書の内容に基づき、神戸市から特別定額給付金の申請書を送付いたします。必要事項をご記入のうえ、ご返送ください。

神戸市の申請期限は8月18日(火曜)ですので、早めのお手続きをお願いします。

(2)神戸市に住民票を置いたまま、現在のお住まいが神戸市以外の方

現在お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へお問い合わせください。

申請期限については、市区町村毎に設定されますので、現在お住まいの市区町村にお問い合わせください。

5. その他

なお、「申出書」に基づき、住民票がある市区町村に連絡しますが、「申出書」に記入された、今お住まいの住所等の情報は知らせません。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階