更新日:2021年6月3日

最先端技術の導入支援

ここから本文です。

1.趣旨・経緯

 これまで、データやIoTなどの新技術や最先端の技術を活用してまちの課題を解決する「スマートシティ」については、自動運転やキャッシュレスの推進、健康データ等を収集して市民の健康増進につなげるアプリ「MY CONDITION KOBE」の開発、神戸港の水門・鉄扉の遠隔操作・監視システムの導入など、産学官が連携して幅広い分野で実装してきました。

 この流れをより一層進めるために、令和元年9月、神戸市の重要課題である人口減少や少子高齢化、地域および世界が直面する課題を解決するため、最先端技術やデータを有する事業者からの提案を募集し、神戸市内での技術実証・実装を支援することを目的とした「Be Smart KOBE」公募プロジェクトを令和元年度より開始。新技術の実装に取組む事業者を選定し、市が関係者との調整や広報、事業者間の連携支援、規制緩和の申請等の支援を実施し、神戸市のスマートシティ化を推進しています。

 

2.各年度の事業概要・実績に関して

    01 02
 03

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階