現在位置

ホーム > 市政情報 > オープンガバメントの推進~ICTやデータを活用したまちづくり~ > 女性の視点での「べっぴん」な観光情報オープンデータづくり

更新日:2019年11月1日

女性の視点での「べっぴん」な観光情報オープンデータづくり

ここから本文です。

参加者集合写真

神戸市では、オープンデータの活用促進のため、産学官連携による新たなオープンデータづくりに取組んでいます。

その取組みのひとつとして、ヤフー株式会社からコーポレートフェローとして受け入れを行っていた伊東氏の発案により、「女性の視点での観光情報オープンデータ」を構築するための、女子学生・女性企業社員・女性職員を対象にした市民・職員向けデータアカデミー(研修)を3月2日に開催しました。

研修内容

タイトル

「べっぴんスタイル」なオープンデータをつくろう!

日時

平成29年3月2日(木曜)13時30分~17時30分

場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸「KIITO」303会議室
(兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)

対象

  • 市内大学に在学中の女子学生 14名
  • 採用後10年未満の女性企業社員 6名
  • 採用後10年未満の女性市職員 9名

内容

第1部

オープンデータについての基本的な知識について学び、実際のデータづくりを体験

オープンデータの説明の様子

オープンデータづくりの様子

神戸市オープンデータにある観光スポットに対して、女性の視点からの感性・感情を取り入れた「べっぴんタグ」(関連キーワード)を付箋に記入し、地図に貼りつける作業を行いました。

タグづけ作業説明図

第2部

「若者に観光で選ばれるためのキャッチコピーとモデルコースを考えよう」
第1部で作ったデータをもとにグループワーク、発表

グループワークの様子1

グループワークの様子2

「今までにない女子目線の観光コースをつくる」というミッションのもと、「女子旅」や「カップル」などターゲットを設定し、第1部で考えた「べっぴんタグ」を参考にキャッチコピーやモデルコースをチームで話し合いながら作りました。
最後に各チームからそれぞれが考えた観光モデルコースの発表を行いました。

「ぺっぴんタグ」の可視化デモ

発表の前に、ヤフー株式会社の田村氏より第1部で作成した「べっぴんタグ」データの可視化デモを実施していただきました。

可視化デモ 発表の様子

可視化デモイメージ

発表内容(モデルコースの提案)

【Aチーム】神戸女子おススメ!“今”の神戸はココがアツイ!
~ポートタワー?異人館?神戸の観光地を行き尽くしたあなたに!~

発表の様子1

「神戸女子おススメ!“今”の神戸はココがアツイ!」発表資料(PDF:267KB)

【Bチーム】とびっきりの姫旅をあなたに
~卒業旅行は海外だけじゃない!~

発表の様子2

「とびっきりの姫旅をあなたに」発表資料(PDF:248KB)

【Cチーム】ファインダー越しの異国旅。
~カメラを持って歩きたい。~

発表の様子3

「ファインダー越しの異国旅。」発表資料(PDF:148KB)

【Dチーム】フォトジェニック的な食べ歩き
~おしゃれも食もゆずれない!だって女の子だもん!~

発表の様子4

「フォトジェニック的な食べ歩き」発表資料(PDF:272KB)

【Eチーム】がんばる大人女子のごほうびプラン
~KOBEフォトジェニック探し~

発表の様子5

「がんばる大人女子のごほうびプラン」発表資料(PDF:381KB)

★「International Open Data Day 2017」に参加しました。

オープンデータ普及を目的として、毎年全世界でアイデアソン・ハッカソン等のイベントを同時に開催する日として定められているのが「International Open Data Day」です。2012年に初めて実施され、翌2013年に日本で初開催、前回2016年は国内67会場で行われました。今年2017年は3月4日(土曜)に設定され、このデータアカデミーも「International Open Data Day 2017」の一会場として参加しました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階