現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > KIITO:デザインの「ニューノーマル」を考えるトークイベント キイトナイト27「デザインの現在地」

更新日:2020年7月15日

KIITO:デザインの「ニューノーマル」を考えるトークイベント キイトナイト27「デザインの現在地」

ここから本文です。

きいと

記者資料提供(令和2年7月10日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

night1

戦後の復興、技術の進歩、情報通信の発達など、デザインにはその時代の生活様式や社会課題が映し出されます。

デザイン・クリエイティブセンター神戸では、イタリア・ミラノで開催される、世界最大規模のデザインフェア「ミラノサローネ」から最新のデザイン動向を紹介する「デザインレポート」を毎年開催してきました。しかし、2020年は、新型コロナウイルスという世界的な緊急事態を受けて「ミラノサローネ」の開催中止が決定され、2021年に延期されることとなりました。

新型コロナウイルスの影響によって様々に変化せざるを得ない状況が続いている今、社会や経済だけではなく、価値観や行動様式も大きく変化し、急激なデジタル化・オンライン化が進んでいます。そのような状況下において、デザイナーたちは何を考え、何を実施したのか。デザインリサーチャーの久慈達也氏を講師にお迎えし、これまでのデザイン史を振り返りながら、コロナ禍を起点に、これからのデザインが社会でどのような役割を担っていくのかを考えます。

開催概要

催事名:キイトナイト 27  デザインの現在地:デザイン史で読み解く「ニューノーマル」の実体

日 時:令和2年7月22日(水曜) 19時~21時

場 所:デザイン・クリエイティブセンター神戸1F カフェ

講 師:久慈達也(DESIGN MUSEUM LAB/デザインリサーチャー)

参加費:500円(ワンドリンク) 定 員:20名(事前申し込み制、先着順) 

申込み:ウェブサイト(http://kiito.jp)からお申込みください。

主 催:デザイン・クリエイティブセンター神戸

講師コメント

新型コロナウイルスによって生活がどう変わるのか。

日々もたらされる感染情報に右往左往した当初に比べ、数ヶ月経った今、地に足のついた議論を始められる時期だろう。

この間、デザイナーは社会が求める新たな「必要」に応じて様々な成果を残してきた。ただし、それらを並べて、これからの「新しい生活様式のデザイン」と位置づけられるかといえば否である。

即応的な「コロナ下」のデザインのみならず、その基調となる歴史の視点を加えてみることで、デザインが現在どの地点に立っていて、どこへ向かおうとしているのかを考えられるようになるだろう。

戦後のデザイン史を振り返ってみれば、この変化も1990年代後半を起点とする大きな流れの上に位置していることがわかる。

その上で、デザインが出来たこと・出来なかったことを整理することから始めてみたい。

講師略歴

久慈達也(くじ たつや)night2

1978年青森市出身。東北大学大学院国際文化研究科博士課程を中退後、神戸芸術工科大学図書館研究員を経て、2012年にデザイン専        門の展覧会企画・編集事務所DMLを設立。展覧会企画や原稿執筆のほか、デザインに関する講演や講座も担当している。https://dm-lab.com/

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階