現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > KIITO:市民とともに施設の活用を考えるワークショップ「中庭を活用した土づくりと都市型農園の新しいかたち」の開催について

更新日:2020年12月15日

KIITO:市民とともに施設の活用を考えるワークショップ「中庭を活用した土づくりと都市型農園の新しいかたち」の開催について

ここから本文です。

きいと

記者資料提供(令和2年12月15日)
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

デザイン・クリエイティブセンター神戸では、施設内にあるスペースを有効に活用することを目的に、クリエイターやアーティストをナビゲーターに招き、自分たちの手で空間活用実験を行う「セルフ・ビルド・ワークショップ」を開催してきました。これまでには、アーティストユニット〈生意気〉とともに、コミュニケーションの場として中庭の活用を考え、庭づくりやワークショップ、ライブなどを開催し、アーティストと市民による協働の場づくりを実践してきました。

今回のワークショップでは、飲食店や住宅の屋上といった遊休地を活用し、野菜や果物づくりを行い、「自分たちの食べるモノを自分たちでつくる」をコンセプトに活動を続ける〈Sky Cultivation〉チームの髙橋渓さん、原田真二さんと、庭師の藤本計司さんを講師に招き、新たに中庭をリニューアルする全2回のワークショップを行います。

ワークショップでは、現状の中庭の整備として、草引きや剪定、植物の植え替えを体験いただくほか、身近な食べものや環境について考えるために、生ごみや落ち葉を堆肥としてリサイクルする「コンポストづくり」や、中庭の環境にあった野菜づくりとして「キノコの原木栽培」を行います。プログラムを通して、対話、協働を生み出すコミュニティづくりを行い、公共の場の活動を市民とともに広く考えていきます。

n1n2

 

 

 

 

 

 

(左図)これまでの中庭ワークショップの様子 (右図)改修後の中庭のイメージ

「中庭を活用した土づくりと都市型農園の新しいかたち」ワークショップ概要

日時:令和3年1月16日(土曜)、24日(日曜) 13時~17時 ※全2回

場所:1F 中庭

講師:髙橋 渓(COL.architects)、原田 真二(Harada Tradings)、藤本 計司(庭計)

参加費:無料  定員:10名(先着順)持ち物:汚れてもいい靴、服装、マスク

申し込み:令和2年12月15日(火曜)14時より、ウェブサイト(https://kiito.jp/(外部リンク))にて申し込みを開始します。

主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸

実施内容

1|中庭をきれいにしよう

日時|令和3年1月16日(土曜)13時~17時

庭師の藤本計司さんを講師に、植物の種類や特徴を聞きながら、草引きや剪定などを全員で行います。

タイムスケジュール

13時~13時20分:事前説明、参加者自己紹介

13時20分~13時40分:Sky Cultivationの取り組みについての紹介

13時40分~14時:作業説明(中庭の現状や植物について、作業上の注意など)

14時~17時:草引き、ツリーハウスの解体など

 

2|きれいにした中庭の景観をつくろう

日時|令和3年1月24日(日曜) 13時~17時

コンポストをつくるグループとキノコ棚をつくるグループに分かれ、中庭の景観づくりを行います。コンポストは約1m×1mの大きさでレンガを積み、1日目に刈った草を活用し、たい肥づくりを行います。キノコ棚は、竹と紐を組み合わせて約4mの棚を製作します。

タイムスケジュール

13時~13時30分:作業説明(使用する材料や工具など)

13時30分~16時30分:コンポストづくり、キノコ棚づくり、植栽の再配置・植え替えなど

16時30分~17時:片付け、振り返り

講師プロフィール

n3髙橋 渓(COL.architects)

2020年の春、友人の原田真二と、屋上を中心に「自分たちの食べるものを自分たちでつくる」をコンセプトにした「Sky Cultivation」をスタート。現在、南京町のほかに県庁裏の「清山荘」、三宮の「エノテカ・ベルベルバール」の屋上でプランターや葡萄棚を製作し、神戸の屋上環境に適した土壌・品種・生育方法などを模索・実験中。

 

n4原田真二(Harada Tradings)

街中でぶどうを収穫してワインにする「Public Grape Lab」や屋上で食べ物をつくる「Sky Cultivation」などの活動を行う。また、日本では「廃棄物」とされる、まだ使用することができる中古タイヤを国外に輸出している。食べ物に関する活動を通して自然界の循環を学びながら、タイヤを含む産業製品を如何に循環させることができるかという点を課題にビジネスに取り組んでいる。

 

n5藤本計司(庭計)

1988年生まれ。伝統的な技術を用いながら、新しいアイデア・デザインを組み込んだ庭を設計し、個人宅、公共施設、店舗、社寺、文化財の庭づくりや庭園管理に携わっている。庭づくりのほかに剪定、庭の維持管理も行う。

 

 

開催にあたってのご案内

・小雨決行、荒天時は延期を予定しております。開催判断についてはイベントの開催状況に準じます。

・新型コロナウイルスの感染予防の観点から、手指消毒や検温、マスクの着用等の対策を講じた上で実施いたします。

ワークショップの際は、物理的な距離を設けるよう配慮します。発熱・体調不良等の症状のある方は参加をご遠慮下さい。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階