現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > 神戸市ドコモ生体センシングサービスの実証事業を拡大展開 ~プライバシー配慮型生体センサーを1フロア全ての個室に導入~

更新日:2020年12月21日

神戸市ドコモ生体センシングサービスの実証事業を拡大展開 ~プライバシー配慮型生体センサーを1フロア全ての個室に導入~

ここから本文です。

rogo.png

記者資料提供(令和2年12月21日)
企画調整局つなぐラボ

神戸市と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ICT・データを活用して地域課題の解決や市民サービスの向上を推進する一環として、高齢者等の包括的見守りモデルの創出を実現するために、プライバシー配慮型生体センサーを活用した高齢者向けの神戸市ドコモ生体センシングサービス(実証事業)を実施しています。

昨年実施した実証事業の結果から、本センサー導入による介護職員の負担軽減に関する有用性を確認することができましたので、今年度は設置台数を拡大して実証事業を実施します。

本実証事業は、平成31年3月14日(木曜)に神戸市とドコモが締結した、「ICTを活用した安全安心なまちづくり」を目的とする協定の取り組みのひとつとなります。

1.実証事業概要

(1)実施目的

小型のワイヤレスセンサーを介護施設個室内に設置することで、介護施設の職員が居室に訪問せずに、入居者の睡眠状況や起床状態をリアルタイムで把握することを実現します。カメラによる監視や機器装着の煩わしさを解消し、入居者のプライバシーを配慮した上、負担・ストレスをかけることなく入居者の状況を把握することができます。入居者の行動状況を把握することにより、夜間の巡回や起床介助等を適時・的確に行えることが期待できることから、介護職員の行動最適化による稼動削減・負担軽減を目指す検証を行います。

(2)実施内容

昨年、特別養護老人ホームで実施した実証事業において、センサーにより入居者の睡眠状況や起床状態を把握することに成功し、介護職員の心理的な負担軽減に効果があることが判明しました。一方で実証対象がフロア内の一部の居室のみであったため、未設置の居室を含むフロア単位の介護業務の効率化に関しては効果測定ができませんでした。

今年度は、設置センサー数を1フロア全ての個室(同意を得られた入所者のみ)に増設するなど実証規模を拡大させ、全入居者に対する介護業務の最適化へ向けてさらなる検証を実施します。

対象施設については、自立歩行者の割合が多く、見守りの重要性が高い介護老人保健施設を、一般社団法人神戸市介護老人保健施設協会から複数ご推薦をいただき、その中から実証環境により適した神戸市内の2施設を選定し、実施します。

(3)参加施設

介護老人保健施設 すま松の郷(神戸市須磨区妙法寺字樫原2-1)

介護老人保健施設 すばる六甲(神戸市灘区鶴甲1丁目3-10)

(4)実施期間

令和2年12月21日(月曜)~ 令和3年3月31日(水曜)

(5)設置機器数(各個室に1台設置)

すま松の郷:17台、すばる六甲:20台

2.今後の展開

介護・障害福祉サービスを提供する介護の仕事は、コロナ禍において市民の日常生活を支えるために欠かせないサービスとしての重要性が増していますが、令和2年10月の「介護サービスの職業」の有効求人倍率は、兵庫県3.72倍(全国3.85倍)と高く、人材確保と介護現場の負担軽減を図ることが喫緊の課題です。

NTTドコモは、本実証事業の結果を踏まえ、令和3年度内の介護施設における実用化を視野に、具体的な検討を進めます。また、介護施設のみでなく、在宅介護や高齢者世帯のご家庭でも利用できるサービスについても検討を進めます。将来的には、本センサー以外のデータも組み合わせて分析することで、より高齢者が安心して暮らせる社会を目指したサービスの実現を目指します。

神戸市は、実用化されるサービスの導入支援などについて検討を進めます。

3.参考

記者資料提供(平成31年3月14日)

神戸市と株式会社NTTドコモ「ICTを活用した安全安心なまちづくり」に関する事業連携協定を締結

https://www.city.kobe.lg.jp/a57337/shise/press/press_back/2019/press_201903/20190314040302.html

記者資料提供(令和元年7月29日)

神戸市ドコモ生体センシングサービスの実証事業を開始

<神戸市>

https://www.city.kobe.lg.jp/a57337/shise/press/press_back/2019/press_201907/20190729040301.html

<NTTドコモ>

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/190729_00.html(外部リンク)

株式会社NTTドコモ 記者資料提供(令和2年12月21日)

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/201221_01.html(外部リンク)

docomo Open House 2021

本サービスは令和3年2月4日(木曜)~7日(日曜)に実施されるdocomo Open House 2021に展示予定

https://docomo-openhouse-2021.jp/(外部リンク)

プライバシー配慮型センシング技術について

1.特長

パスポートサイズよりも小さいセンサーを部屋の壁に設置し電源を差し込むだけで、機器から5m範囲内の高齢者の睡眠、バイタル、活動、転倒などをモニタリングします。内蔵されているレーダーとAI解析を使用することで、高齢者の客観的で実用的な健康情報を介護施設に提供し、より良いケアと管理を可能にします。ウェアラブルやカメラを使用しないため、高齢者が自由とプライバシーを保ちながら安全に生活をすることができます。

 訪問者検知などの新機能の実装を予定しており、介護施設のオペレーションやコンプライアンスの一環として活用することも可能です。また、現在はセンサー設置時に部屋の間取りやベッド位置の測定が必要ですが、開発中の新機能ではこれらを自動で検知することができます。令和3年度からは個人宅での転倒検知やバイタルの継続的モニタリングにより、現在社会問題にもなっている高齢者の孤独死を減らすため、B2C市場にも展開を進める予定です。

2.システム全体イメージと小型ワイヤレスセンサーイメージ

systemimage.png

censorimage.png

3.管理画面イメージ

tabletimage.png

tabletimage2.png

【参考】技術提供 Tellus You Care, Inc.

http://tellusyoucare.com/(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階