現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > ~地域を支える人たちの声や足音、まちづくりの音をお届けする~ こうべソーシャルマガジン「まちのね」第6号発行 withコロナ時代の地域活動の事例やお役立ち情報を紹介します!

更新日:2020年10月16日

~地域を支える人たちの声や足音、まちづくりの音をお届けする~ こうべソーシャルマガジン「まちのね」第6号発行 withコロナ時代の地域活動の事例やお役立ち情報を紹介します!

ここから本文です。

machinone_06_press

記者資料提供(令和2年10月16日)
神戸市では、まちの課題解決や魅力向上を図っていくために、日々活動を行っている団体や市民に向けて、先進的な取り組みや運営に役立つ様々な情報を提供する情報誌“こうべソーシャルマガジン「まちのね」”を年に2回発行しています。
最新号となる第6号では、withコロナ時代における地域活動の事例や、地域活動に役立つオンラインツールの紹介などを掲載しています。

※冊子名である「まちのね」には、地域を支える人たちの声や足音、まちづくりの音をお届けすることで、新しいまちの音を生んでいきたいという想いを込めています。

掲載内容

1.活動人めぐり!広場をみんなで育てよう

よりよいわがまちのために奮闘する「活動人(かつどうびと)」にインタビューする「活動人めぐり!」。今回は、コロナ禍で注目されつつある、広場を育てる活動人をご紹介します。
(掲載団体:兵庫駅南公園こどもフェスタ実行委員会、塩屋まちづくり推進会)

2.withコロナ時代のまちづくり協議会「WEBも活動の場に」

これまで通りの活動が難しい今、WEBを活用した地域活動に取り組んでいるまちづくり協議会の事例をご紹介します。
(掲載団体:深江地区まちづくり協議会、本山北町まちづくり協議会)

3.まちづくり・地域活動でオンライン会議を導入するには?

地域団体向けに開催されたオンラインでの情報交換会の内容をご紹介します。オンライン会議ツール「Zoom(ズーム)」の使い方のポイントや、操作方法を説明する動画の案内を掲載しています。

4.withコロナの時代に工夫して地域活動を支える人たち

新型コロナウイルス感染症の影響がある中、困っている人を支援するため工夫をしながら活動を継続する人や、新たな活動に取り組む人たちの取り組み事例をご紹介します。
(掲載団体:認定特定非営利活動法人まなびと、特定非営利活動法人ふぉーらいふ、株式会社Happy、神戸おいしいマルシェ実行委員会、株式会社インプルーヴ)

5.自治会・地域団体向けお役立ち情報

その地域に住んでいる人たちの間でのみ投稿・閲覧できる「ご近所SNS掲示板」の紹介や、自治会運営のお悩みを相談できる「コミュニティ相談センター」をご紹介します。

第6号発行日

令和2年10月16日(金曜)

主な配布場所

・各区役所、出張所
・各文化センター
・神戸市立図書館
・神戸市総合インフォメーションセンター
・ふたば学舎
・こうべまちづくり会館
・協働と参画のプラットホーム
・神戸ソーシャルキャンパス など

ホームページ

誌面と同様の内容を公開しています。PDFデータのダウンロードも可能です。
こうべソーシャルマガジン「まちのね」ホームページ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階

都市局まち再生推進課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階