現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > KIITO:公開収録:荘司索×西川功晃

更新日:2021年3月12日

KIITO:公開収録:荘司索×西川功晃

ここから本文です。

きいと

記者資料提供(令和3年3月12日)

koukai

デザイン・クリエイティブセンター神戸では、荘司索(コム・シノワ)と、西川功晃(サ・マーシュ)による対談「2人の料理人が語る、思考と挑戦。」の公開収録を開催します。公開収録では一般聴講者の募集を行います。

神戸で長く愛される人気のパン屋〈コム・シノワ〉と〈サ・マーシュ〉のオーナーシェフである荘司シェフと西川シェフは、料理やパンでたくさんの人々へ笑顔と喜びを提供してきました。また、KIITOが開催する子ども向けのワークショッププログラム「ちびっこうべ」や高齢者向けのプログラム「男・本気のパン教室」で講師を務めていただくなど、シェフとしての活動にとどまらず、食の大切さを広めるために活動を続けています。食に真摯に向かい合うお2人は、日々の仕事の中でどのような意識や考えを持っているのか。止まることなく創造的なチャレンジをし続ける理由とは…。

さまざまなエピソードを通しながら、仕事の中で共に重要と考えられている“小さな気づき”や“ムダの大切さ”をキーワードにお話を伺います。神戸のまちや人々を見続けてきた料理人たちが描く、過去から未来に向けての対談をお楽しみください。

公開収録「2人の料理人が語る、思考と挑戦。」概要

日時:令和3年3月24日(水曜)12時から13時半

会場:コム・シノワ(神戸市中央区御幸通7-1-16 三宮ビル南館地下)※会場はKIITOではありませんのでご注意ください。

定員:10名程度 

参加費:無料(事前申込制、先着順) 

申込み:KIITOウェブサイト(https://kiito.jp(外部リンク))より

出演:荘司索(コム・シノワ:オーナーシェフ)、西川功晃(サ・マーシュ:オーナーシェフ)

主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸 

会場協力:コム・シノワ

※当日の様子は、映像記録として後日公開いたします。

出演者プロフィール

荘司索(コム・シノワ:オーナーシェフ)

神戸市三宮にお店を構えるフレンチの料理人。自然の味と四季を大切に、健康で元気が出る、誠実で真っ直ぐな料理を目指している。お客様の生活に寄りそった、懐かしくも新しいおいしさのパンや洋菓子。神戸をコンセプトに心温まるコム・シノワの味をつくる。

西川功晃(サ・マーシュ:オーナーシェフ)

京都市生まれ。広島アンデルセン、東京オーボン・ヴュータン、東京と芦屋・ビゴの店を経て、コム・シノワの荘司索オーナーに出会い、荘司氏とともにブランジェリー コム・シノワ、オネスト カフェをオープン。2010年、神戸・北野にサ・マーシュをオープン。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314