現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 企画調整局の計画・事業等 > 海洋産業の振興

更新日:2021年9月1日

海洋産業の振興

ここから本文です。

神戸は、平清盛の時代に大輪田泊が貿易の拠点として発展し、国際貿易港として神戸港が整備され、港町として知られています。

神戸港の歴史

市役所からの眺めまた、神戸は1881年に川崎重工業が、1905年に三菱重工業の造船工場が建築され、川上・川下の関連産業も育ち、近代工業が発展する基礎となり、今は日本の潜水艦の建造拠点となっています。

そのような海洋都市としての基盤を活かし、海洋産業の振興を図ります。



海洋産業の振興に向けた取り組み

海洋産業の振興に向けたロードマップ・事業実施計画

平成27年度より海洋産業の振興に向けて調査や検討を開始しましたが、中長期的な方針を定めるため、令和2年度に、有識者等によるロードマップ等作成のためのプロジェクトチームを立ち上げ、これまでの検討結果も踏まえ、10年後の目指すべき姿(ロードマップ)と3年間の事業実施計画にまとめました。
ロードマップを実現するため、事業実施計画に基づき「海洋産業振興プロジェクト」を推進してまいります。

令和2年度 海洋産業の振興に向けたロードマップ【抜粋版】(PDF:528KB)
令和2年度 海洋産業の振興に向けた事業実施計画【抜粋版】(PDF:591KB)

ロードマップ等作成にご協力いただいたプロジェクトチームの皆様(PDF:70KB)

「海洋産業の振興に向けた調査及びロードマップ作成業務」事業者決定のお知らせ


【2021年度 募集中】

 神戸市の「海(うみ)プロジェクト」について~海に関するお困りごと(課題)の解決策を募集します~

【2021年度 実施事業】

「海洋産業ネットワーク構築支援業務」委託事業者の選定結果について
「海洋産業振興プロジェクトの運用業務」委託事業者の選定結果について


海洋人材の育成

スコットランド・サマープログラム

平成30年6月、神戸市の訪問団がスコットランド北部のアバディーン市を訪問し、同市に所在するロバート・ゴードン大学長と神戸市長との間で、将来を担う人材が学ぶ機会の創出に連携して取り組んでいくことを確認する「意思確認書」を交わしました。

これに基づく連携として、神戸の学生に世界の海洋技術に興味を持ってもらうきっかけとして、北海周辺地域の海洋に関する知識・技術に触れる留学プログラム「神戸市スコットランド・サマープログラム」をロバート・ゴードン大学において実施しました。

しかしながら、2020年度についてはCOVID19の影響により、現地派遣はできず、オンラインでのプログラムを実施しました。
※2021年度の現地派遣は2020年度のオンラインプログラム参加者を優先的に選考いたします。
※オンラインプログラム参加者の意向により定員に満たない場合は、追加募集する可能性があります。

サマープログラムの1コマサマープログラムの1コマサマープログラムの1コマアバディーン市

【2020年度開催】

【終了しました】「スコットランド・オンラインスクール(オンライン留学)2021」参加者を募集します!

【2019年度開催】

【終了しました】「神戸市スコットランド・サマープログラム」の参加者を募集します。(PDF:247KB)

ロバート・ゴードン大学(外部リンク)

 

学生 海洋ビジネスアイデアコンテスト

神戸の海洋に関する課題やポテンシャルを踏まえ、それを解決、展開し地域を活性化させるような取り組みについて、学生からのアイデアを募集し、コンテストを開催しました。

【2020年度開催】

【終了しました】学生 海洋ビジネスアイデアコンテストの開催のお知らせ

「2020年度 学生海洋ビジネスアイデアコンテスト」選考結果のお知らせ

【2019年度開催】

【終了しました】神戸の「海洋ビジネス」アイデア提案募集!(PDF:454KB)

「海洋ビジネス・学生アイデアコンテスト」の提案選考結果のお知らせ

 

子ども(小学生)向け うみのおしごと(PDF:1,848KB)
子どもたちに海洋産業に関わる様々なお仕事を紹介するリーフレットを作成しました。
 

関連ページ

海事人材育成に関する取り組み

海の仕事.com(外部リンク)

 

アバディーン市との連携

英国・アバディーンはスコットランド第3の都市であり、1975年に北海油田が本格採掘されて以降、北海における石油・天然ガス採掘の拠点都市となり、採掘に由来する海洋産業が発達、クラスターを形成してきました。

2018年6月、市長がアバディーン市を訪問した際に、海洋産業関連ビジネスや当該関連アバディーン市との覚書締結人材育成、水素及びその他の再生可能エネルギー分野における相互連携を進めていくことを目的に「神戸市とアバディーン市との意思確認書」へ署名を行い、その後の協議により、2019年1月にアバディーン市長が来神した折に「アバディーン市と神戸市との覚書の締結」へと発展しました。

英国スコットランド・アバディーン市長の来神及び覚書の締結

また、2018年6月の神戸市長訪問の際には、同市内に位置するロバート・ゴードンRGUとの覚書締結大学とも海洋産業関連人材育成における相互連携を進めるべく、「神戸市とロバート・ゴードン大学との意思確認書」へ署名を行い、その連携の第一弾として、神戸の若者が、北海周辺地域の海洋に関する知識や最先端の技術を同大学で学ぶことができる1週間程度の「神戸市スコットランド・サマープログラム」を2018年より実施しています。

2019年4月には、アバディーン市から推薦をいただき、WECP(World Energy Cities Partnership)へ加盟申請書を提出しました。

5月に寺﨑副市長が米国・ヒューストン市で開催された総会で神戸の水素エネルギーへの取り組みをPRし、加盟への意思表明を行いました。

9月には久元市長が英国・アバディーン市で開催された総会に参加し、総会での加盟投票で神戸市加入が可決され、加盟を果たしました。

 

関連ページ

■テクノオーシャン・ネットワーク(TON)(外部リンク)

2000年に設立された海洋関連分野のネットワークです。

1986年より2年に一度開催の海洋の科学技術に関する国際コンベンション「Techno-Ocean」にて長年築かれてきたネットワークをもとに誕生しました。海洋関連の科学技術に携わる産学官関係者の総合的、横断的なネットワ-クおよびパ-トナーシップを構築し、海洋の科学技術や海洋産業の発展に寄与するとともに、広く一般の方々に海洋の科学技術に関する理解を深めていただくことを目的とする会員組織として広く活動しています。

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局エネルギー政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階