ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > KIITO:イタリアデザイン界を代表する建築家による展覧会「EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築」開催

最終更新日:2022年6月14日

KIITO:イタリアデザイン界を代表する建築家による展覧会「EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築」開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月10日)
神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。この取り組みの⼀環として、次のとおり展覧会を開催いたします。

デザイン・クリエイティブセンター神戸は、ミケーレ・デ・ルッキと彼が主宰する建築スタジオAMDL CIRCLEによるリサーチプロジェクト「EARTH STATIONS」の全容を日本で初めて紹介する展覧会「EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築」を開催いたします。

イタリア人建築家・ミケーレ・デ・ルッキは、1980年代にデザインムーブメントを巻き起こしたデザイナー集団〈メンフィス(Memphis)〉の主要メンバーとして活動。イタリア国内外にて住宅、産業施設、オフィスや文化施設等の建築プロジェクトやミュージアムのプランニングなどを手掛け、建築・デザインの分野において現在に至るまで常に第一線で活躍し続けています。日本国内では、「ジンズ(JINS)デザインプロジェクト」でのコラボレーションや白井屋ホテル(群馬県)のスペシャルルームを手掛けたほか、現在は、神戸のランドマークであった旧六甲山ホテルを《六甲山サイレンスリゾート》として再生する5年間のプロジェクトを主導しています。

「EARTH STATIONS」とは、建築の進化する役割と象徴的な建物の必要性をめぐる考察から生まれた新しい建築のタイポロジーになります。展覧会では、「EARTH STATIONS」を中心に、六甲山サイレンスリゾートや世界各地でのプロジェクトにつながる建築家の思想を模型や映像で紹介するほか、ミケーレ氏がデザインした家具や照明などのプロダクト展示も行い、メンフィスから現在に至る建築家の思索を辿ります。

本展を通し、わたしたちのライフスタイルの変化、進化に応える建築やデザインの在り方について考える機会となれば幸いです。
1
2
 

写真上:EARTH STATION《CROWN station》

写真下:EARTH STATION《六甲山サイレンスリゾート》

「EARTH STATIONS by AMDL CIRCLE ミケーレ・デ・ルッキと未来を共有する建築

会期:令和4年7月16日(土曜)~8月7日(日曜)11時~19時 ※月曜休

観覧料:無料

会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸  企画:AMDL CIRCLE  

協力:杢谷一級建築士事務所、株式会社愛知模型コンサルタント、株式会社 徳岡工務店、tanagokoro株式会社 

後援:神戸市、イタリア大使館、在大阪イタリア総領事館

協賛:六甲山サイレンスリゾート、八光自動車工業株式会社、株式会社カッシーナ・イクスシー、ALESSI、Alias、Altemide、Caimi、Danese、De Padova、Gebrüder Thonet Vienna、JINS、Poltrona Frau、Produzione Privata、Riva 1920、Unifor/Moiteni(予定)

 

関連企画「ミケーレ・デ・ルッキ×藤本壮介 トークセッション」

ミケーレ・デ・ルッキ氏から「EARTH STATIONS」や六甲山サイレンスリゾートのこれからについてお聞きすると共に、自然と建築、社会情勢の変化と建築などをテーマに、2025年の日本国際博覧会(大阪・関西万博)の会場デザインプロデューサーを務める建築家・藤本壮介氏とのトークセッションを開催します。

日時:令和4年7月18日(月曜・祝日)15時~17時

会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸 1F KIITOホール

出演:ミケーレ・デ・ルッキ、藤本壮介  

モデレーター:木田隆子(『エル・デコ』ブランドディレクター)

参加費:無料  

申込:デザイン・クリエイティブセンター神戸webサイト(https://kiito.jp/)にて令和4年6月16日(木曜)10時から受付開始

作家略歴

3

©️ Giovanni Gastel

AMDL CIRCLEは、ミケーレ・デ・ルッキが率いるヒューマニズムに基づいた建築とデザインで知られるクリエイティブで学際的なスタジオである。代表的な作品:ドイツ銀⾏ビル、ドイツ鉄道、ENEL(エネルギー会社)、イタリア郵便局、ヘラ(エネルギー会社)、インテーザ・サンパオロ銀⾏、ウニクレディト銀⾏といったイタリア国内外の様々な⺠間と政府機関において、職場環境とコーポレートアイデンティティを設計デザイン。その他に、ミラノのトリエンナーレ美術館やローマのエスポジツィオーニ宮殿、ベルリンのノイエス・ミュージアム、ミラノのガレリア・ディタリアなどの美術館や展⽰システムをデザイン。

ゲスト略歴

4

©️ David Vintiner
藤本壮介(Sou Fujimoto)

1971年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業後、2000年藤本壮介建築設計事務所を設立。

開催に際してのご案内

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催時間や入場時の受付方法が変更となる場合がございます。ご来館前に最新情報をご確認ください。

広報素材に関するご案内

本展広報用画像(6点)をご用意しております。ご希望の方は、コピーライト情報確認のため、必要事項を明記のうえ事前にメール(a.ooizumi@kiito.jp)にてご連絡ください。また、掲載後には掲載誌(紙)、Webサイトリンク、DVD、CD等を広報担当宛てにご提供いただきますよう、ご協力のほどお願い申しあげます。ダウンロードURL:https://onl.la/DjV14qL

お問合せ|展覧会について デザイン・クリエイティブセンター神戸 広報担当:大泉 Email:a.ooizumi@kiito.jp

ミケーレ・デ・ルッキに関して 担当:山田美知世 Email:eclipse.milano@gmail.com

住所|兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4 TEL|078-325-2235 FAX|078-325-2230  WEB|https://kiito.jp/


 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局参画推進課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階