ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年9月 > 未来の社会を考える4日間のプログラム 「未来の屋台をミニチュアでつくろう!」参加者募集

最終更新日:2021年9月29日

未来の社会を考える4日間のプログラム 「未来の屋台をミニチュアでつくろう!」参加者募集

ここから本文です。

KIITO

記者資料提供(令和3年9月29日)
神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、社会貢献活動の活性化や創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。この取り組みの⼀環として、次のとおりイベントを開催いたしますのでご案内いたします。

2デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)は、
神戸市が推進するこどもの創造的学びに関して、こどもに必要な学びの場、出会いの場を提供する総合的な学びのプラットフォームとして、今年度より「KIITO:300キャンプ」をスタートしました。

AI化が急速に進む中で、AIにできない〈新しいものを創造する力〉はますます必要になってきています。そのため〈創造力〉はこどもたちが身につけるスキルとしてとても重要です。「KIITO:300キャンプ」では、常識にとらわれない新しい発想を生み出し、独創的なモノを創り出すために必要な2つのソウゾウリョク(想像力、創造力)を育むアートやデザインのプログラムを実践していきます。

この度、「KIITO:300キャンプ」のプログラムとして、アーティストのさくまはなさんを講師に迎えた子ども向けの連続ワークショップ「未来の屋台をミニチュアでつくろう!」を開催します。さくまはなさんは、世界各地に存在する屋台に魅せられ、「屋台、それは ちっちゃな ちっちゃな社会のカタチ」をコンセプトにミニチュア屋台の作品を製作しています。

物の売り買いからサービスまで、私たちが日々生活する街の中には、さまざまなコミュニケーションが存在します。言葉などを通して気持ちや意思を相手に伝えるコミュニケーションという行為を知ることは、社会の成り立ちを知ることにつながります。

今回のワークショップでは、「屋台」をひとつの社会の縮図として捉え、豊かなコミュニケーションを生みだす場として様々な国や地域に根付いている屋台の歴史や種類、しくみを学び、子どもたちがイメージする「未来の屋台」を作ります。

【開催概要】未来の屋台をミニチュアでつくろう!

日時|①11月21日(日曜)②12月5日(日曜)③12月19日(日曜)④12月26日(日曜) 各日13時~16時

会場|デザイン・クリエイティブセンター神戸 3F KIITO:300

講師|さくまはな(アーティスト)

参加|無料 

定員|10名(事前申込制、抽選) 対象|小学生3年生~中学3年生

お申込み|Webサイト(https://kiito.jp)で、9月29日(水曜)14時より受付開始。10月31日(日曜)まで。

抽選発表|11月3日(水曜・祝日)までにメールにてご連絡します。

主催|デザイン・クリエイティブセンター神戸

【スケジュール】
❶11月21日(日曜)13時~16時「屋台をかんさつしよう!」

国内外の屋台の特徴や何のために使われているかを学んだあと、「未来の屋台」というテーマに沿って想像力を膨らませ、
自分のイメージをアイデアスケッチに描き起こします。

❷12月5日(日曜)13時~16時「未来の屋台をつくろう!①」

アイデアスケッチを基にして、自分の思い描く未来ではどんな目的で屋台が使われているのかを考えて、ミニチュア屋台を製作します。

❸12月19日(日曜)13時~16時「未来の屋台をつくろう!②」
ミニチュア屋台の仕上げをします。また、展覧会に必要な展示パネルや会場のしつらえを準備します。

❹12月26日(日曜)13時~16時「未来の屋台を展示しよう!」

子どもたちが製作したミニチュア屋台を集めた展覧会を開催します。
初日には、ギャラリートークとして参加した子どもたちそれぞれが、作品をつくった経緯や見どころを紹介します。

展覧会の期間は別途ご案内予定です。



【講師プロフィール】

sakura hanaさくま はな(アーティスト)

1993年に渡英し、2010年までロンドンを拠点にアート活動を行う。2006年、ロンドン芸術大学チェルシーカレッジ オブ アート アンド デザイン大学 博士号(PhD Fine Art) 取得。2010年に帰国。現在、神戸芸術工科大学アート・クラフト学科教員。世界各地に存在する屋台に魅せられ、「屋台、それは ちっちゃな ちっちゃな社会のカタチ」をコンセプトにミニチュア屋台の制作を行っている。主なアート活動に、「瀬戸内国際芸術祭 沙弥島アートプロジェクト by 神戸芸術工科大学(香川)」(共同2013・2016)、C.A.P. × 神戸芸術工科大学アート・クラフト学科交流プログラム(共同2021~)、個展「from one place to another メキシコ ベラクルス州立大学ギャラリー Galeria Ramón Alva de la Canal」(2019)、さくまはな個展Gallery301神戸(2016・2017・2018)など。
https://www.hanasakuma.com/work/


KIITO CAMP【KIITO:300 キャンプ】
こどもたちの好奇心と探求心を刺激し、創造性を育むプラットフォーム。
こどもたちを対象に、クリエイターとともに考えたデザインやアートのワークショップやイベントを開催しています。また、こどもの教育に関わる人々を対象としたレクチャーも開催し、大人とこどもが共にこの場所で楽しく学べるプログラムを実施します

【開催時の注意】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、内容変更や中止となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

参加希望のお子さまの保護者の方よりお申し込みください(代理でのお申し込みはご遠慮ください)。

本イベントにおける記録写真・映像は、デザイン・クリエイティブセンター神戸、および神戸市の活動として、ウェブサイトや広報、報告書などに使用することがあります。ご了承のうえ、ご応募ご参加ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局参画推進課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階