現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > ~withコロナ時代に神戸で支援の輪を広げる~ withコロナKOBE応援プラットフォーム「医療従事者の応援」が実現しました!

更新日:2021年4月9日

~withコロナ時代に神戸で支援の輪を広げる~ withコロナKOBE応援プラットフォーム「医療従事者の応援」が実現しました!

ここから本文です。

withコロナKOBE応援プラットフォームロゴ

記者資料提供(令和3年3月26日)
「withコロナKOBE応援プラットフォーム」事業では、新型コロナウイルスの影響を受けて困っている方々に向けて、みなさまからの「応援したいこと」を募集しています。このたび、神戸煎餅協会からのご応募により「医療従事者の応援」の事例が新たにできました。本事業では引き続き「応援したいこと」を募集しています。

1.事業の概要

困っている神戸市民に対する“応援したい”という気持ちを「応援したいこと」として募集しています。応援者は「子どもの応援」「高齢者の応援」「地域の応援」など12のカテゴリーから選択して応募を行います。その後、「応援したいこと」を実現するためのチームづくり(協力者探し)を行い、具体的な支援の取り組み(プロジェクト)につなげていきます。
<withコロナKOBE応援プラットフォームホームページ>
https://with-kobe.powerappsportals.com/

2.今回実現した応援内容

「神戸煎餅協会」より、新型コロナウイルスの影響で困っている「医療従事者」を応援したいとご応募いただきました。神戸の銘菓瓦せんべいと、神戸ご当地キャラクター「コベピポ」(都あきこさんデザイン)とコラボした「コベピポせんべい」12枚入り100袋を、withコロナKOBE応援プラットフォームを通じて医療従事者の方々へお届けすることとなりました。

マッチング内容

3.問い合わせ先

withコロナKOBE応援プラットフォーム運営事務局(株式会社プロアクティブ内)
TEL:078-945-8800 FAX:078-332-2506 E-mail:kobewith20@pac.ne.jp

■神戸煎餅協会が応募に至った経緯

神戸開港の頃より発祥の神戸瓦せんべいは150年以上の歴史があります。当時貴重であった砂糖、卵などをふんだんに用い、当時としては、味も姿も新しい時代にふさわしいお菓子として生まれました。神戸煎餅協会は、当時から変わることのない伝統と品質を守り続け今に伝えています。
長年にわたり、神戸の銘菓として親しまれてきた「瓦せんべい」を、もっと多くの方にも知ってもらうため、神戸のご当地キャラクター「コベピポ」とコラボし「かわらせんべいくん」が誕生しました。今年の4月から市内3店舗(龜井堂總本店、亀の井亀井堂、十字堂)で販売されます。
この度、新型コロナウイルスと日々闘う医療従事者に、「神戸銘菓の瓦せんべいを食べていただき、少しでも心と身体の癒しとなっていただけたら」という思いでご応募いただきました。

参考:「コベピポせんべい」チラシ(PDF:4,315KB)

■神戸煎餅協会 代表理事 松井 佐一郎さんからのコメント

医療関係従事者の皆様、「コベピポ」のほのぼのとした絵柄の「かわらせんべい」でホット一息つけて下さい。皆様の日夜の奮闘に深く感謝いたしております。ご自愛下さい!

■神戸煎餅協会 安井 卓男さんからのコメント

医療従事者の皆様へ本当にお疲れ様です。どうぞ神戸を代表する和菓子瓦せんべいで心と体を癒し仕事頑張ってください。1日も早いコロナの終息を願っています。

■デザイナー 都 あきこさんからのコメント

 医療従事者の皆様。感染リスクのある中、最前線で国民の為に尽くしてくださいまして本当にありがとうございます。『かわらせんべいくん』の笑顔と美味しさで毎日のお疲れが少しでも癒されますように…。

神戸煎餅協会

左:神戸煎餅協会 安井さん、中:都さん、右:神戸煎餅協会 岸本さん

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階