現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年11月 > 水道筋商店街周辺における人流分析の実証実験の実施 ~地域通貨アプリ「すいすいコイン」と連動したデータ活用~

更新日:2021年11月19日

水道筋商店街周辺における人流分析の実証実験の実施 ~地域通貨アプリ「すいすいコイン」と連動したデータ活用~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年11月19日)

 神戸市では、データやデジタル技術の活用を通じて、地域社会の諸課題の解決や地域コミュニティの再構築に取り組むスマートシティの取組みを推進しています。

 このたび、その一環として、民間事業者と連携し、灘区の水道筋商店街周辺に赤外線センサーを設置することで、人流データを計測し、混雑状況などをリアルタイムで可視化するとともに、取得した人流データの利活用を検討する実証実験を行います。

 

1.実証事業の概要

(1)目的

 本実証は、地域通貨アプリ「すいすいコイン」の実証実験と連動して普段の商店街の人の流れとイベント開催時の人の流れを測定・可視化し、人流量の変化や他分野のデータ(決済情報など)を組み合わせた分析を行い、また、分析の結果を通じて、地域通貨やイベントによる集客効果や経済効果、地域への影響等を検証することを目的としています。

 

(2)事業概要

 赤外線センサーを水道筋商店街周辺 (計46箇所)に設置し、センサーから3m以内の人流データ(通過人数、通過方向)を計測します。計測したデータはWEBなどを通してリアルタイムで可視化します。

 また、大学発アーバンイノベーション神戸(複合領域・民間企業連携型)事業の一環として実施する地域通貨アプリ「すいすいコイン」の実証実験と連動することで、人流データと他分野のデータを組み合わせた分析・効果検証を実施します。

 ○【大学発アーバンイノベーション神戸(複合領域・民間企業連携型)選定事業】水道筋商店街周辺で使える地域通貨アプリ「すいすいコイン」の実証実験:https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/press/478865010680.html

  ※人流データの計測は赤外線センサーを利用するため、個人情報は取得しません。

 

(3)実証期間

 令和3年11月19日(金)~令和4年1月末(予定)

 

(4)実証場所

 水道筋商店街周辺 (神戸市灘区)

 

2.実施体制

(1)実施事業者(本市委託先)

 神戸市スマートシティ推進支援業務に係る共同企業体

 (代表会社)西日本電信電話株式会社 兵庫支店

 (構成員) NTTビジネスソリューションズ株式会社 関西支店

 

(2)協力・関係機関

協力・関係機関

役割

NPO法人わくわく西灘

水道筋商店街における各種調整

株式会社W

水道筋商店街における各種調整

地域イベント企画

株式会社神戸デジタル・ラボ

センサーデータ蓄積、可視化、

データ分析

株式会社センサーズ・アンド・ワークス

センサーシステム設計、設置、

データ分析

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階