現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > フレイル予防等の新しい取組みとしてコミュニケーション活性化と健康増進をめざした高齢者向けeスポーツ実証事業をスタート!

更新日:2020年12月3日

フレイル予防等の新しい取組みとしてコミュニケーション活性化と健康増進をめざした高齢者向けeスポーツ実証事業をスタート!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月3日)
企画調整局つなぐラボ

ロゴ大

 

本年7月17日に神戸市・NTT西日本・株式会社PACkageの3者にて締結した「withコロナ時代におけるeスポーツによる地域課題解決に向けた連携協定」の取組みの一環として、コミュニケーション活性化と健康増進をめざした高齢者向けeスポーツ実証事業をスタートします。

1.本実証事業の目的

新型コロナウイルス感染症により、フレイル対策の3つの柱のうちの一つである社会参加や家族との交流の機会が減少し、フレイル(虚弱)のリスクが高まっています。

そこで、このような課題に対して、まずは市内のシニアサービス事業者を対象とし、eスポーツ体験を通じ、日常のバイタルデータの蓄積を行うことで、コミュニケーションの活性化や健康増進の可能性を検証します。

さらに、その効果を踏まえて、ゲームタイトルの追加や最適な検証環境を検討するとともに、心身に与えるポジティブな影響に関する仮説の設定を行い、将来的には高齢者のフレイル予防やデジタルデバイドの解消などにつなげることができるようなeスポーツを活用した新しいコミュニケーションツールの開発を行うことを目的に実証事業を行います。

2.実証事業の具体的な内容

(1)対象事業者(2事業者) ※令和2年8月28日に公募を実施

・スミリンケアライフ株式会社

(有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅:利用者数約750名)

 https://www.s-carelife.co.jp/

・株式会社PLAST

(デイサービス・予防リハビリ施設:利用者数約500名、訪問看護:利用者数約100名)

 https://plast-project.jp/

(2)実施期間

令和2年12月3日~令和4年3月31日

(3)具体的な実証内容

①慣れる<体験イベント等の開催>

パソコンやタブレット等の基本的な操作に慣れ親しんでいただき、機器やデバイスに対する抵抗感を払拭します。また、健康意識の醸成を目的に認知機能やフレイル問診チェックを活用し、利用者の健康状態の把握を行います。各賛同企業と連携した体験イベント等の開催によるコミュニケーションの活性化を通じて、より多くの利用者にeスポーツに対する興味・関心を持っていただける機会を創出します。

 

②楽しむ<さまざまなシチュエーションにおける日常的なeスポーツ体験>

施設内やご自宅にeスポーツ環境を常設し、様々なゲームコンテンツを自由に楽しんでいただける環境を提供します。施設内外の利用者やご家族とのオンライン対戦を通じて、より一層eスポーツを習熟できる機会を創出し、更なるコミュニケーションの活性化に貢献します。また、eスポーツの心身に与えるポジティブな影響に関する仮説の設定に向けて、ウェアラブル端末や睡眠マットセンサーを使用したバイタルデータの収集を行います。

 

③活かす<実証に向けた取り組みの方向性>

②の取組みにより、認知機能やフレイル問診チェックとフィードバックを通じて得た結果をもとに、eスポーツが心身に与えるポジティブな影響に関する仮説を設定し、今後の取り組みに有効なゲームタイトルの選定やバイタルデータ計測方法の改善等、実証に向けて具現化を進めていく予定です。

 

将来的には、上記の実証事業の結果をもとに、高齢者のフレイル予防やデジタルデバイドの解消などにつなげることができるようなeスポーツを活用した新しいコミュニケーションツールの開発をめざしていきます。

なお、実証事業の実施にあたっては、高価なゲーミングパソコンを必要とせず、既存の安価なパソコンやタブレット端末から遠隔のサーバーに接続することにより気軽に低遅延でゲームをプレイできる「クラウドゲーミングエッジ」というNTT西日本が提供する技術を活用します。ゲーミングエッジ内に搭載されたゲームを利用していただくことで、利用ログの収集を行い、反応速度の遅れ等を検知します。

(4)実証事業における役割分担について(順不同)

神戸市

実証事業フィールド提供・各種支援

NTT西日本

クラウドゲーミングエッジの活用、バイタルデータ収集

株式会社PACkage

eスポーツにおけるノウハウの活用(学生によるイベント支援)

合同会社ISRパーソネル(賛同企業)       

シニア向けeスポーツノウハウの提供

NGM株式会社(賛同企業)

eスポーツにおけるノウハウの活用(イベント運営サポート)

帝人株式会社(賛同企業)

フレイル問診チェックの活用

パラマウントベッド株式会社(賛同企業)

睡眠マットセンサー・レポートの活用

神戸大学 ※連携調整中

学術的知見・ノウハウの活用

 

 

(参考1)本事業への新たな賛同企業 ※今後も随時募集いたします

NGM株式会社

NGM(National Gaming Management)は、関西を拠点とするeスポーツの総合企画・運営組織です。eスポーツに関連する各種大会主催、イベント企画、コミュニティ形成など、あらゆる視点・角度から事業を展開し、業界の発展に寄与してまいります。

 
・帝人株式会社

帝人グループは、1918年に日本初のレーヨンメーカーとして発足し、100年以上にわたり、絶え間なく企業変革を続けてきました。そして、現在は「マテリアル」「ヘルスケア」「IT」という3つの異なる領域で事業を展開するユニークな企業体として、「環境価値」「安心・安全・防災」「少子高齢化・健康志向」の3つのソリューションで、持続可能な社会の実現に貢献していこうとしています。

 

・パラマウントベッド株式会社

パラマウントベッドは、「as human, for human(人として、人のために)」の企業スローガンのもと、どなたにも使いやすい製品やサービスの提供に努めております。お客様からの評価と信頼に支えられ、日本国内で高いシェアを得るとともに海外への納入実績は100カ国以上となりました。現在、医療の現場で培った独自の技術と最新の睡眠研究を基に、よりクオリティの高い睡眠環境の実現をめざしております。

 

(参考2)フレイルとは

医学用語である「frailty(フレイルティー)」の日本語訳で、病気ではないけれど、年齢とともに、筋力や心身の活力が低下し、介護が必要になりやすい、健康と要介護の間の虚弱な状態のことです。

フレイルであることに早めに気付き、フレイル対策の3つの柱である社会参加、身体活動、栄養(食・口腔)に取り組めば、元の状態に戻ることもできます。

日本老年医学会が2014年5月に提唱しました。

フレイル1フレイル2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階