現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 一般財団法人 住吉学園より医療従事者へ「うはらの湯」入泉券1万枚が寄贈されます

更新日:2021年3月30日

一般財団法人 住吉学園より医療従事者へ「うはらの湯」入泉券1万枚が寄贈されます

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月30日)
このたび(一財)住吉学園より、新型コロナウイルス感染対策に最前線で取り組んでいる医療従事者等に対して、地域支援として、1万枚の温泉入泉券をご提供いただきます。ご提供いただいた入泉券は、withコロナKOBE応援プラットフォームを通じて、市内の医療従事者にお届けします。

詳細

(1)寄贈者:一般財団法人 住吉学園、株式会社うはら

(2)寄贈品目:「うはらの湯」入泉券1万枚

(3)寄贈日時等 
  ①日 時:令和3年4月2日(金曜)11時00分~
  ②場 所:市役所1号館15階 第2応接室
  ③寄贈者:一般財団法人 住吉学園 理事長 竹田 統
  ④受取者:神戸市長 久元 喜造 
  ⑤参加予定者(上記以外) 一般財団法人 住吉学園 専務理事 廣岡 俊司 、常任理事 鈴木 辰典

(4)経 緯:東灘区住吉の一般財団法人 住吉学園より申し出があり、市と協力して新型コロナウイルス感染対策に最前線で取り組んでいる医療従事者等に対して温泉入泉券を提供することとなった。

(5)配布先:withコロナKOBE応援プラットフォームを通じて、市内の医療従事者等へ配布予定

(6)参 考:
一般財団法人 住吉学園とは
昭和25年当時、住吉村は、たくさんの土地を所有し、その資産を昭和19年に設立された住吉学園に寄付した後、その他4町村と一緒に神戸市と合併し東灘区が発足。以後70年以上にわたり、旧住吉村から寄贈された資産を管理しながら、教育・文化・福祉の振興とコミュニティ活動の向上を図り、もって地域社会の健全な発展に寄与することを目的に活動を行ってきた団体です。

withコロナKOBE応援プラットフォームとは
「withコロナKOBE応援プラットフォーム」事業では、新型コロナウイルスの影響を受けて困っている方々に向けて、みなさまからの「応援したいこと」を募集しています。ご応募いただいた「応援したいこと」を実現するためのチームづくり(協力者探し)を行い、具体的な支援の取り組み(プロジェクト)につなげていきます。本事業では引き続き「応援したいこと」を募集しています。
URL:https://with-kobe.powerappsportals.com/(外部リンク)  (「神戸応援プラットフォーム」 で検索)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階