現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年10月 > 神戸ソーシャルビジネスセミナーを開催「ウェルビーイングなまちづくりの実践 ―ローカルプロジェクトを通じた居場所と役割―」

更新日:2021年10月13日

神戸ソーシャルビジネスセミナーを開催「ウェルビーイングなまちづくりの実践 ―ローカルプロジェクトを通じた居場所と役割―」

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年10月13日)
神戸市では、「社会課題の解決に向けて自立的・持続的に提供されている事業」をソーシャルビジネスと位置付けて、平成24年度から各機関との協働でソーシャルビジネス推進施策を実施しています。令和3年度は、特に地域の課題にフォーカスしたソーシャルビジネスを「ローカルプロジェクト」と名付け、関心のある方々を対象に様々な形で支援を実施します。
このたび、その支援の一環としてローカルプロジェクトの事例や意義についてのセミナーを開催します。「地域と関わる取り組みを何か始めたい」「まちづくりやコミュニティにまつわるいろんな話を聞いてみたい」など、ご興味のある方はぜひご参加ください。

神戸ソーシャルビジネスセミナー

1.講師

高野 翔 氏(福井県立大学 地域経済研究所 准教授) 

2.内容

ウェルビーイングなまちづくりの研究と実践を展開している高野 翔氏からローカルプロジェクトの事例や意義についてお話しいただきます。ウェルビーイング(Well Being)は、直訳すると「よく在ること」を意味する概念ですが、「幸せ」とも解釈されています。ウェルビーイングとまちづくりの関係を踏まえつつ、ローカルプロジェクトの実践で大切なポイントをご紹介いただきます。

3.日時

令和3年11月13日(土曜)
14時00分~15時30分(オンライン開催)

4.定員

30名

5.参加費

無料

6.参加方法

右記URLからお申し込みください。https://bit.ly/kobe_sb_local_seminar_form(外部リンク)

7.主催・共催

主催:神戸市、共催:日本政策金融公庫、企画運営:特定非営利活動法人しゃらく、協力:株式会社078

【参考】登壇者プロフィール

高野 翔 氏(福井県立大学 地域経済研究所 准教授)

1983年、福井県福井市生まれ。2009年、JICA(国際協力機構)に入構し、約20ケ国のアジア・アフリカ地域で持続可能な都市計画・開発プロジェクトを担当。2014-2017年にはブータン王国にて人々の幸せを国是とするGross National Happiness(GNH)を軸とした国づくりを展開。
地元福井では、人のCapabilityに注目したまちづくり活動を実践。2013年、人の魅力を紹介する観光ガイドブック「Community Travel Guide 福井人」の作成、2018年、豪雪によってできなくなった事業を市民一人ひとりのできることで復活させる「できるフェス」を開催し、共にGood Design賞を受賞。2020年から福井県立大学地域経済研究所に着任し、ウェルビーイングなまちづくりの研究と実践を展開。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階