現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > フレイル予防等の新しい取組みとしてRehab for JAPANとの連携によるオンライン会話ツールを活用した取組みを始めます!

更新日:2020年12月3日

フレイル予防等の新しい取組みとしてRehab for JAPANとの連携によるオンライン会話ツールを活用した取組みを始めます!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月3日)
企画調整局つなぐラボ

リハブロゴ

 

神戸市と株式会社Rehab for JAPANは、オンライン会話ツール「リハブコール」の活用を通じたデジタル化支援により、高齢者のフレイル予防及び生きがいづくり、多世代交流を図ることを目的とした「人生100年・withコロナ時代における高齢者に対するデジタル化支援に関する事業連携協定」を締結します。

(協定期間:令和2年12月3日から令和4年3月31日まで)

新型コロナウイルス感染症により、社会活動や施設等での身体活動を再開したいが、感染への心配等から再開できていない高齢者がいらっしゃることから、フレイル対策の3つの柱のうちの二つに当たる身体活動と社会参加の機会が減少し、フレイル(虚弱)のリスクが高まっています。

そこで、このような課題に対し、神戸市は株式会社Rehab for JAPANと連携して、タブレットやキーボード入力に不慣れな方でも簡単に利用できるオンライン会話ツール「リハブコール」を活用した実証事業を行います。さらに、フレイル予防だけでなく、地域施設などでの活用可能性を探り、日常的にデジタルツールを活用できるきっかけづくりに取り組みます。

リハブイメージ

 

 

 

 

1.協定による取組み内容(事例)

(1)高齢者を対象とするオンライン会話・運動体験実証事業の実施(令和2年12月~)

市内のデイサービス利用者を対象とし、通常のデイサービスと「リハブコール」を活用したオンライン会話や体操を組み合わせたハイブリット型のデイサービス提供を行い、コミュニケーションの活性化や健康増進の可能性を検証します。

 

(2)市内事業者が主催するイベントへのオンライン環境の提供支援(令和3年2月頃~)

健康増進や生きがいを求める市民とその機会を提供する指導者等のマッチングの機会を広げるため、市内事業者が主催するイベント(高齢者の健康増進・生きがいづくり等に資するもの)への「リハブコール」によるオンライン環境の提供支援を行います。

 
(3)地域施設等での活用可能性の検証(令和3年度)

地域福祉センターなどの地域施設で、「リハブコール」のオンライン体験会やセミナーなどを開催し、地域活動などでの活用可能性を探り、日常的にデジタルツールを活用できるきっかけづくりや多世代交流支援に取り組みます。

 

2.今後の期待と展望

この取組みを通じて、人生100年時代による高齢者の多様化に対し、フレイル対策や地域活動等への参加にオンラインツールを活用するという手段が加わることによって、興味・目的に応じた活動を感染予防も図りつつ、より安全・効率的にできるようになるのではないかと考えています。

また、移動など距離的な問題などでこれまで地域活動等に参加できなかった方がオンラインツールの活用により参加できるようになることも期待しています。

将来的には、IT・オンラインスキルの向上により、多くの高齢者の方々が行政のオンライン申請やネットショッピングに対応可能になり、生活の利便性向上につながることを目指しています。

リハブイメージ2

 

 

 

 

 

(参考1)「リハブコール」及び株式会社Rehab for JAPANについて

【リハブコールとは】

「リハブコール」は、介護事業者や高齢者ができるだけ少ないステップでオンライン会話ができるようにオリジナルで開発しているオンライン会話ツールです。
ツールの使いやすさはもちろんのこと、介護事業者および高齢者向けの説明マニュアルも充実しています。タブレットやキーボード入力に不慣れな方でも簡単に、安全に、オンライン会話を実施いただけます。
--------------------------------------------------------------------
1.アプリのダウンロードが不要
2.メールアドレスやログインIDが不要
3.キーボード入力が一切不要、大きなボタンのタップのみで通話開始可能
4.ワンタイムパスワード認証による安全設計
5.スムーズにご利用いただくためのマニュアルが充実
--------------------------------------------------------------------

リハブイメージ3

 

 

 

 

 

リハブコールを使うことにより、通常のデイサービス利用と「オンライン体操」を組み合わせたハイブリット型のサービスが提供できます。

【リハブコールを使ったオンライン体操の特徴】

  1. 自宅からオンライン体操ができるため、運動頻度が増える
  2. 馴染みのあるスタッフや仲間と顔を見ながら取り組めるのでやる気が出る、運動が続く
  3. 2,500種類のイラスト・画像付きマニュアル(Rehab社提供)も利用できるのでパーソナルな自主トレーニングも指導できる
  4. 実際の動作を見て指導してくれるので正しい運動ができる

リハブイメージリハブイメージ4

 

【株式会社Rehab for JAPAN 会社概要】

・称号:株式会社Rehab for JAPAN(リハブフォージャパン)
・創立:2016年6月10日
・代表者:大久保亮
・所在地:東京都品川区西五反田8丁目8-15カーニープレイス五反田8F
・資本金:268百万円(資本準備金含む)

 

(参考2)フレイルとは

医学用語である「frailty(フレイルティー)」の日本語訳で、病気ではないけれど、年齢とともに、筋力や心身の活力が低下し、介護が必要になりやすい、健康と要介護の間の虚弱な状態のことです。

フレイルであることに早めに気付き、フレイル対策の3つの柱である社会参加、身体活動、栄養(食・口腔)に取り組めば、元の状態に戻ることもできます。

日本老年医学会が2014年5月に提唱しました。

フレイル1フレイル2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階