現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年2月 > ~withコロナ時代に神戸で支援の輪を広げる~ withコロナKOBE応援プラットフォーム 「医療従事者の応援」が実現しました!

更新日:2021年2月25日

~withコロナ時代に神戸で支援の輪を広げる~ withコロナKOBE応援プラットフォーム 「医療従事者の応援」が実現しました!

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年2月25日)
「withコロナKOBE応援プラットフォーム」事業では、新型コロナウイルスの影響を受けて困っている方々に向けて、みなさまからの「応援したいこと」を募集しています。このたび、エム・シーシー食品株式会社からのご応募により「医療従事者の応援」の事例が新たにできました。本事業では引き続き「応援したいこと」を募集しています。

1.事業の概要

困っている神戸市民に対する“応援したい”という気持ちを「応援したいこと」として募集しています。応援者は「子どもの応援」「高齢者の応援」「地域の応援」など12のカテゴリーから選択して応募を行います。その後、「応援したいこと」を実現するためのチームづくり(協力者探し)を行い、具体的な支援の取り組み(プロジェクト)につなげていきます。
<withコロナKOBE応援プラットフォームホームページ>
https://with-kobe.powerappsportals.com/

2.今回実現した応援内容

「エム・シーシー食品株式会社」より、新型コロナウイルスの影響で困っている方々を、スープの提供により支援したいとご応募いただきました。とりわけ「医療従事者の応援」をしたいという思いから、約4,000個のスープを「神戸市立医療センター中央市民病院」「神戸市立医療センター西市民病院」「神戸市立西神戸医療センター」の医療従事者の方々へお届けすることとなりました。

マッチング内容

3.問い合わせ先

withコロナKOBE応援プラットフォーム運営事務局(株式会社プロアクティブ内)
TEL:078-945-8800 FAX:078-332-2506 E-mail:kobewith20@pac.ne.jp

■エム・シーシー食品(株)が応募に至った経緯

港町神戸で生まれて65年のエム・シーシー食品株式会社。業務用商品で培ったプロの技を取り込み、より多くの方々に「ほんものの味」の醍醐味、感動をお届けしています。このたび、スープ商品の購入数に応じて同数のスープをお届けする「SUPPORT WITH SOUP!」の取り組みにより、新型コロナウイルスの影響で困っている方々を支援したいとお申し出いただきました。とりわけ、新型コロナウイルスと日々闘う「医療従事者」の応援がしたいという思いにより、今回の事例が実現しました。

■SUPPORT WITH SOUPS! の概要

楽天市場【MCC 公式ホームパーティー神戸】及びStreet Table三ノ宮で出店したMCC SOUP CAFEでご購入いただいた同数のスープ商品が、新型コロナウイルスの影響でお困りの方々へ無償で提供されました。購入者も支援に関われる、“参加型支援”の取り組みとして行われました(両イベントとも現在は終了しております)。

support with soups!

この取り組みによる購入数と同数のスープと、さらに数量を追加して、今回の応援内容となりました。

■応援者「エム・シーシー食品(株)」常務取締役 水垣 佳彦さんからのコメント

「誰かのために何かをしたいけど、どうしたら良いのかが分からない」、「もっと大きな支援をしたいけれど、中小企業単体で行う活動には限界がある」という個人・企業が持つそれぞれの悩みを解決できないかと思い今回の事業を考えました。おかげさまで多くの方々の賛同を得ることができました。ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。ひとりひとりの些細な一歩が支援の輪を広げていく。今回の取組みが少しでも多くの方々に共感され、皆さんの小さな一歩を踏み出すきっかけとなってもらえたら嬉しく思います。

エム・シーシー株式会社

■「神戸市立医療センター中央市民病院」木原 康樹院長からのコメント

新型コロナウイルス感染症にかかる治療・看護は心身ともに大きな負担となりますが、皆様からのこのような温かいご支援は大変励みになり、立ち向かう気力になります。第3波の渦中にありますが、皆様と力を合わせこの難局を乗り切りたいと思います。引き続き、応援いただければ幸いです。

■「神戸市立医療センター西市民病院」有井 滋樹院長からのコメント

日々刻々と変わる状況下において、現在、職員が一丸となって新型コロナウイルス感染症に立ち向かっておりますが、この様なあたたかいお心遣いがとても心強く感じ、私達を勇気付けてくれます。この未曾有の災禍を乗り越えられるよう、引き続き、市民病院としての役割を果たしたいと思います。

■「神戸市立西神戸医療センター」竹内 康人院長からのコメント

この度はたくさんのスープをいただきありがとうございます。新型コロナウイルス感染症患者の治療や入院受入が長期化していますが、皆様の力強い応援を後ろ盾とし、引き続き、職員が一丸となって「神戸西地域に根づいた安心・安全な医療をめざす」という使命を果たすため全力を尽くしてまいります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階