現在位置

ホーム > くらし・手続き > まちづくり > 公共建築 > 完成施設の紹介 > 完成施設の紹介 平成27年度

更新日:2019年11月1日

完成施設の紹介 平成27年度

ここから本文です。

  • [6月1日]平成27年度完成施設を掲載しました

伊川谷小学校(増築)

伊川谷小学校の写真校区内の人口増加に伴い児童数が大幅に増加し今後も増加が見込まれるため、教室の確保、仮設校舎の解消、運動場面積の確保等、教育環境の改善を図るため、新設校舎には、普通教室18室 特別教室3室 学習室2室とともに、児童増加に伴う職員の増加に対応すべく更衣室や会議室を設け、同時に既設校舎も職員室の拡張に伴う増築を行いました。
現状で校舎内は上履きに履き替えているため、新設校舎も既存の校舎と2、3階で屋内廊下によって接続し、上履きのままで校舎間の移動ができるようにしています。
法的には、既設校舎の先行使用や、新設校舎を階毎に段階的に供用開始する必要があったため、その都度仮使用手続きを行いながら工事を進めました。
新校舎の配置上移設が必要となった禽舎を先行移設し、遊戯の移設や体育倉庫の仮移設、既存仮設校舎の解体撤去を経て、工事の最終段階で本設の体育倉庫を建設する段階的な移設を行い、この時点で本敷地に対する増築工事の法的な完了となりました。

  • 住所:西区北別府
  • 構造:鉄筋コンクリート造 3階建て
  • 延床面積:(増築部分)約3,167平方メートル (増築後の施設全体)約10,239平方メートル

デュオこうべ浜の手(リニューアル・第2期工事)

デュオこうべ浜の手の写真平成25年度から29年度を事業期間とする「都市再生整備計画(神戸ハーバーランド地区)」に基づき、アクセス機能の向上、まちの回遊性の向上、まちのにぎわいづくりに向けた取り組みを行っており、その一環として、「デュオこうべ浜の手」のリニューアルを進めています。
デュオこうべ浜の手リニューアル事業27年度(第2期工事)は、JR神戸駅との接続部分であるエントランスを整備しました。ハーバーランド中心部への流れを生み出す原点として、ハーバーランドを象徴する海、風などを感じさせるエントランスにふさわしい空間を構築しています。特にエントランスの天井ボード(キャノピー)では、上部のライン照明(天井グラデーションライト)と水中アッパーライトとで、カラーライティングにシーン調光が可能となり、「水のゆらぎ」や「風のそよぎ」を表現した演出や、時報や季節に合せた様々な演出を行うようプログラムしています。

  • 住所:中央区東川崎町
  • 構造:鉄筋コンクリート造 地下1階
  • 延床面積:約6,500平方メートル(公共通路部分)

重要文化財 旧ハッサム住宅(改修)

重要文化財 旧ハッサム住宅の写真相楽園内にある旧ハッサム住宅は、インド系イギリス人貿易商のK.ハッサム氏が明治35年に新築した木造総2階建ての住宅です。この住宅は神戸市に現存する明治30年代の外国人住宅として、最も典型的でかつ手法の優れていることでも屈指の作で、国の重要文化財に指定されています。昭和36年に神戸市の所有となり、現在地に移築されました。
外壁や建具廻り、南側のベランダ柱、ベランダ2階手摺などの外部木部の塗装に色褪せや一部剥離が生じていたため、主屋及び附属屋の外部木部の全面塗替えを行いました。また、一部の建付けが悪い建具については、分解して歪みを矯正する等の改修を行いました。改修を進める中で、2階ベランダの手摺など一部に著しい腐食が見られた為、そのような部分は除去して埋め木などで補修を行いました。
国の重要文化財であるため、慎重に検討を進めながらの改修作業となりました。
今回の改修工事を経て、青緑色を基調とした鮮やかな外観を取り戻しております。相楽園にお越しの際は、鮮やかに蘇った旧ハッサム住宅を是非ご覧下さい。

  • 住所:中央区中山手通
  • 構造:木造 2階建て
  • 延床面積:約400平方メートル

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局建築課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル4階