現在位置

ホーム > くらし・手続き > 住まい・水道・下水道 > 水道局 > 水質だより > 受水槽方式から直結給水方式への切替工事の概算費用(例)について

更新日:2019年10月28日

受水槽方式から直結給水方式への切替工事の概算費用(例)について

ここから本文です。

3~5階建てマンション規模10戸程度の場合

受水槽・ポンプを維持管理するために必要な標準的概算費用

受水槽・ポンプを維持管理するために必要な標準的概算費用

建物、設備を長期に使用する場合には、ポンプだけでなく受水槽及び給水管についても更新が必要となってきます。

水圧が十分ある区域で、受水槽のみあり、直結直圧給水方式へ切替した場合の概算工事費

工事施工内容

概算費用

①給水管増径工事

②一部配管改修

③受水槽・ポンプ撤去

④各戸メータ横バルブ改修

180万円~

この概算費用は、神戸市管工事業協同組合が試算したものです。実際の施工は、工事内容により金額が変わります。

Part.1今後20年間に要する費用

Part.1今後20年間に要する費用

直結増圧給水方式の場合は、別途ポンプ電気代、定期点検費が必要となります。

Part.2今後20年間に要する費用

Part.2今後20年間に要する費用

直結増圧給水方式の場合は、別途ポンプ電気代、定期点検費が必要となります。

その他、切替工事の概算費用(参考例)

この概算費用は、神戸市管工事業協同組合が平成20年3月に試算したものです。実際の施工は、工事内容により金額が変わります。詳しくは、神戸市管工事業協同組合(TEL 078-575-0961)又は市指定の工事業者にご確認ください。
(指定工事業者によっては、見積り等に際して有料となる場合もありますので、ご注意ください。)

切替工事の概算費用

マンション概要

直結給水方式

高置水槽

3~5階建てで

水圧が十分ある区域

直結直圧

給水方式

10階程度まで

直結増圧

給水方式

1.受水槽のみあり、3~5階建てで水圧が十分ある区域で直結直圧給水方式へ切替の場合

受水槽のみあり、3~5階建てで水圧が十分ある区域で直結直圧給水方式へ切替の場合

工事施工内容

マンション規模

概算費用

①給水管増径工事

②一部配管改修

③受水槽・ポンプ撤去

④各戸メータ横バルブ改修

10戸前後

30戸前後

180万~

350万~

2.受水槽と高置水槽があり、3~5階建てで水圧が十分ある区域で直結直圧給水方式へ

受水槽と高置水槽があり、3~5階建てで水圧が十分ある区域で直結直圧給水方式へ

工事施工内容

マンション規模

概算費用

①給水管増径工事

②一部配管改修

③受水槽・ポンプ撤去

④各戸メータ横バルブ改修

10戸前後

30戸前後

210万円~

500万円~

3.受水槽のみあり、3~5階建てで水圧が低い区域と、5階建て以上で直結増圧給水方式へ切替の場合

受水槽のみあり、3~5階建てで水圧が低い区域と、5階建て以上で直結増圧給水方式へ切替の場合

工事施工内容

マンション規模

概算費用

①給水管増径工事

②一部配管改修

③受水槽・ポンプ撤去

④各戸メータ横バルブ改修

10戸前後

30戸前後

 

300万円~

580万円~

 

直結増圧給水方式の場合は、別途ポンプ電気代、定期点検費が必要となります。

4.受水槽と高置水槽があり、3~5階建てで水圧が低い区域と、5階建て以上で直結増圧給水方式へ切替の場合

受水槽と高置水槽があり、3~5階建てで水圧が低い区域と、5階建て以上で直結増圧給水方式へ切替の場合

工事施工内容

マンション規模

概算費用

①給水管増径工事

②一部配管改修

③増圧ポンプ設置

④受水槽・ポンプ撤去

⑤各戸メータ横バルブ改修

10戸前後

30戸前後

330万円~

660万円~

直結増圧給水方式の場合は、別途ポンプ電気代、定期点検費が必要となります。

トータルで考えると、受水槽方式でそのまま給水を続けるよりも、直結給水方式に切替た方が経済的です!

受水槽撤去により空いたスペースを駐車場・駐輪場・倉庫など有効に活用できます。

有効活用可能となったスペースを駐車場1台分として利用することによって駐車代1万円/月(20年間で240万円に相当)の収入を得た事例もあり、トータルで考えると受水槽方式よりもお得になります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

水道局配水課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館7階