凍結を防ぐには・・・

ここから本文です。

おやすみ前に、じゃ口から浴槽などに少しずつ水を出しておくと、水がたえず流れているために、凍りにくくなります。
むきだしの水道管には、タオルや毛布などを巻いて保護しましょう。水道管にはめ込むだけで簡単に取り付けられる防凍材もありますので、お近くのホームセンター等でお買い求めください。
マンションなどの水道メーターを保護する防凍材もあります。

予防法1

寝る前に、じゃ口から浴槽などに水やお湯を少しずつ出してためておく。
予防法1<1>運転スイッチを「切」にする。
<2>ガス栓を閉める。
<3>お風呂の給湯栓を開いて、少量の水を流したままにしておく。

 

 

予防法2

マンション屋上や給湯器周辺など露出している部分に市販のワンタッチ防凍材や保温材、タオルを巻く。

予防法2

予防法3

マンションなどの水道メーターは、図のように防凍材やタオルで保護する。

予防法3

予防法4

長期不在の場合は、メーターボックスの中の副止水栓を閉めておく。集合住宅では、玄関ドアの横扉の中にあるメーターの副止水栓を閉めておく。

予防法4

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

水道局配水課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館7階