現在位置

ホーム > くらし・手続き > 住まい・水道・下水道 > 水道局 > ご相談 お問合せ > 水道修繕受付センター > お客さまの費用負担について(上水道の場合)

更新日:2019年11月21日

お客さまの費用負担について(上水道の場合)

ここから本文です。

修繕全体図

1.宅地内での漏水(境界~メーター)
道路境界からメーターまでの間(下図1)で漏水が発生した場合は「部分的な応急の修繕」に限り水道局の費用負担で漏水修繕を行います。
詳しくは水道修繕受付センターにご相談ください。(お電話ではお応えできない場合がありますので、予めご了承ください)。
修繕1
2.宅地内での漏水(メーター~じゃ口)
メーターからじゃ口までの漏水修繕(下図2)はお客さまに費用負担いただきます。

修繕2

3.道路部での漏水
道路部で漏水が発生した場合(下図3)は、二次被害(道路陥没等の通行への支障)を回避するために、水道局の費用負担で応急の漏水修繕を行います。

修繕3

水道メーターの取替えによる漏水など
水道メーターは計量法により、定期的(8年に1回)に取替えを行っています。
取替えの際は事前にお知らせ等をポストに投函しておりますので、水漏れ等があった場合は、お知らせ票記載の連絡先へご連絡ください。
お知らせ票等がない方は、「水道メーターの取替えによる不具合の旨」を水道局センターへお問合せください。

センター代表窓口

上記の修繕であっても水道局で費用負担しない建築物や修繕など
・集合住宅やマンション等で、各戸にメーター装置を設置している建築物で、官民境界もしくは第一止水栓よりも蛇口側の漏水
・工場、業務ビル等で、官民境界もしくは第一止水栓よりも蛇口側の漏水
・使用者又は第三者による故意・または過失、管理不備による漏水
・修繕する際の植樹、レンガやタイル、コンクリートなどの、舗装、擁壁石積などの構造物を取り壊し、及びその復旧を行う費用
なお、モルタル土間(厚さ5cm程度)での復旧は水道局負担で行います。
・老朽化等により、漏水が数回にわたり発生している水道管など、漏水に伴う「部分的な応急の修繕」で改善できないものは、「水道局が費用負担する範囲の修繕」であっても、お客さまの費用負担で給水管の更新(取替え)をお願いしています。

(取替えの目安)
・過去に複数の漏水履歴(部分的な修繕)がある給水管
・布設から30年以上経過している給水管

給水装置について

「給水装置」とは、道路にある配水管から分岐して設けられた給水管及びこれに直結する給水用具(じゃ口)のことをいいます。「給水装置」は、道路部を含めてお客さまの財産であり、修繕などの際にかかる費用は、お客様の負担(水道条例第26条第3項)となります。※水道メーターは水道局が貸与しています。

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

水道局配水課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館7階