現在位置

ホーム > くらし・手続き > 住まい・水道・下水道 > 住宅・建築 > すまいの情報 > バリアフリー住宅改修補助事業

更新日:2020年6月3日

バリアフリー住宅改修補助事業

ここから本文です。

令和2年度の受付開始について

6月1日からバリアフリー住宅改修補助事業の受付を開始いたします。
(申請に必要な住民票・所得証明書は区役所へ来庁せずに郵送手続き、マイナンバーカードでの電子申請利用でも入手できます。)
 

 


神戸市では、要支援・要介護認定を受けていない高齢者がいる世帯を対象に、手すりの設置及び段差解消などのバリアフリー改修工事にかかる費用の一部を補助しています。

1.制度の概要

(1)補助対象世帯 ※平成30年度から、収入要件を変更していますので、ご注意ください。

下記の全てに該当する世帯

  1. 神戸市にお住まいで、自らが住む住宅をバリアフリー化しようとする65歳以上の高齢者がいる世帯。
  2. 世帯員全員が要支援又は要介護認定を受けていないこと。(「介護事業対象者」の方はお申し込みできます。)
  3. 世帯の年収が下記のとおりであり、市民税を滞納していないこと。

【世帯種別世帯の年収】
<高齢単身世帯>
総所得220万円未満 または (年金収入+その他総所得)=340万円未満

<高齢夫婦世帯 (夫婦のいずれか、または、両方が65歳以上)>
総所得220万円未満 または (年金収入+その他総所得)=463万円未満

<上記以外の世帯>
総所得510万円未満

(2)補助対象住宅

  • 対象世帯が居住する神戸市内の既存住宅。
  • 戸建住宅・共同住宅、専用住宅・併用住宅、持家・借家を問いません。
  • 共同住宅の場合は、専有部分のみを対象とします。
  • 併用住宅の場合は、専ら居住の用に供する部分のみを対象とします。
  • 借家の場合は、所有者がバリアフリー改修工事を承諾をしていること。

(3)補助対象工事 ※工事契約・工事着手は交付決定通知書が届いてから工事契約・着手を行ってください。

  • 補助対象世帯が居住する住宅における下記のバリアフリー改修工事で、必ず交付決定日以降に工事契約を結び、令和3年3月12日までに実績報告書を提出できるもの。【期日までに報告書が提出されない場合、補助金はお支払いできません。】
  • 神戸市内に本社、支店、営業所などを有する中小施工業者が行う工事であること。
  • 既設の手すりの取り替え工事について
    →身体状況の変化により、手すりを取り替える必要性があるため、対象とする。
  • 浴室の手すりの取り付け工事に係る上限3箇所の考え方について
    →既設の取り替え工事も含め、新設する上限3箇所までの手すりの取り付けを対象とする。
  • 手すりの施工による端部処理について                                                                         → 端部処理されていないケースが見受けられます。衣服に引っかかる可能性があり、大変危険です。そのような事態を招かないためにも、手すりの端部は、壁側や下側に曲げるなど、ご対応をお願い致します。

※必ず、施工業者と書面にて契約等を行うこと。

補助対象工事一覧表
対象箇所 対象工事
浴室 手すりの取り付け ※2
段差解消 ※3
脱衣室
(洗面所)
手すりの取り付け
段差解消 ※3
便所 手すりの取り付け
段差解消 ※3
廊下 手すりの取り付け
段差解消 ※3
階段 手すりの取り付け
滑り止めの取り付け
玄関 ※1 手すりの取り付け
段差解消※4

※1:道路から玄関(勝手口を含む)までの通路・階段を含む。
※2:上限3箇所までを対象とする。
※3:すり付け板を除く。
※4:踏み台で対応する場合は固定すること。

※「神戸の住宅設計基準(コ-デス)」を参考とすること

「神戸の住宅設計基準(コ-デス)」抜粋(PDF:445KB)

(4)補助率と補助金額

  • 市民税課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の1/3を補助(最大6万円)
  • 市民税非課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の2/3を補助(最大12万円)

(5)神戸市バリアフリー住宅改修補助事業補助金交付要綱

神戸市バリアフリー住宅改修補助事業補助金交付要綱(PDF:197KB)

2.申請方法と申請書類等

  •  受付期間:予算額に達し次第、受付を終了します。
  • 工事契約前に、申請書に必要書類を添えて、神戸市すまいの総合窓口(すまいるネット)へ郵送もしくは持参してください。
    ※工事契約後・工事後の申請は補助対象になりません。
  • 申請者は65歳以上の高齢者とします。(申請事務の委任については、下記をご参照ください。)

(1)申請時の提出書類

【必ず提出する書類】

  1. 補助交付申請書(様式第1号)
  2. 工事見積書の写し
  3. 工事予定箇所の写真(様式第2号)※申請日前2ヶ月前以内の撮影。
  4. 住民票の写し(世帯員全員分)※申請日前3ヶ月以内の発行。
  5. 所得・課税証明書(世帯員全員分)※証明年度が直近のもの。
  6. 介護保険証の写し(交付を受けた世帯員全員分)

【該当している方のみ提出する書類】

  • 申請事務を委任させる方
    • (1)委任状(様式第3号)
  • 借家にお住まいの方
    • (1)賃貸借契約書の写し(所有者及び賃借人がわかるもの)
    • (2)住宅改修に係る承諾書(様式第4号)

※詳細は下記事業案内パンフレットにてご確認ください。

(2)工事完了後の提出書類

  1. 補助事業実績報告書(様式第10号)
  2. 工事請負契約書(発注書と請書)の写し
  3. 領収書の写し
  4. 工事完了箇所の写真(様式第11号)
  5. 補助金請求書(様式第13号)

3.申請先

すまいるネットロゴマーク神戸市すまいの総合窓口「すまいるネット」
〒653-0042
神戸市長田区二葉町5丁目1-1 アスタくにづか5番館2階
補助問合せ専用電話:078-647-9933(10時00分~17時00分、水曜・日曜・祝日を除く)
FAX:078-647-9912

4.その他

すまいるネットでは、選定支援システム(すまいるパートナー)を設け、建築士事務所・建設業者の情報提供や選定のお手伝いをしています。工事業者・リフォーム業者をお探しの際は、ご活用ください。
また、工事業者・リフォーム業者は、工事の見積り金額だけでなく、対応の丁寧さや完成後のメンテナンスまで含めた総合的な視点で選ぶ必要があります。複数社のプラン・見積もりを比較することをお勧めします。

すまいるネット「選定支援システム」(外部リンク)

5.要支援・要介護認定を受けている方へ

要支援・要介護認定を受けている方を対象に、バリアフリー住宅改修費の支給があります。詳しくは、下記リンクをご確認ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局住宅政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル3階