子育て応援住宅取得補助制度(よくあるご質問)

最終更新日:2022年5月31日

ここから本文です。

子育て応援住宅取得補助制度に関する質問をまとめています。

  1. 共通
  2. リノベ型
  3. 建替え型
  4. 宅地購入型

共通

補助制度はどのタイミングで申し込めばいいですか?

・【取得後リノベ型】中古住宅を購入し、補助対象のリノベーション工事を実施し、工事が完了して、世帯全員が住み替えた後
・【リノベ後取得型】リノベーション済の中古住宅を購入し、世帯全員が住み替えた後
・【建替え型】新築工事が完了し、世帯全員が住み替えた後
・【宅地購入型】新築工事が完了し、世帯全員が住み替えた後

※住み替えた後の住民票が必要です。

子どもが高校生以上ですが、夫婦の年齢の合計が80歳以下です。若年夫婦世帯に該当しますか?

子どもがいる場合は、若年夫婦世帯には該当せず、子育て世帯の要件に合致する場合に補助対象となります。そのため、夫婦の年齢の合計が80歳以下でも、子どもが高校生以上であれば補助の対象外となります。

中古住宅・宅地を親から相続しました。リノベーション工事、建て替え、新築工事をすれば補助対象になりますか?

相続は補助対象外です。取得費に対する補助ですので、売買契約とそれに伴う支払をすることが必要です。

子育て応援住宅取得補助とこどもみらい住宅支援事業の併用はできますか?

併用は可能です。
こどもみらい住宅支援事業については下記HPをご確認ください。

こどもみらい住宅支援事業(外部リンク)

リノベ型

【リノベ型共通】取得後リノベ型とリノベ後取得型の違いはなんですか?

取得後リノベ型:申請者が中古住宅を取得したあとで、住環境を改善するリノベーション工事を発注して実施するものです。
リノベーション前後の図面、写真を、リノベーション事業者(工務店・設計事務所等)から入手し、申請の際に添付する必要があります。

リノベ後取得型:住環境を改善するリノベーションを実施した中古住宅(リフォーム済み住宅として販売しているもの)を申請者が取得するものです。リノベーション前後の図面、写真を、住宅販売者(不動産事業者等)から入手し、申請書に添付する必要があります。

旧耐震基準(1981年(昭和56年)5月31日以前に着工したもの)の階段室型団地(5階建以下の団地)は、補助対象になりますか?

階段室型団地とは、エレベーターのない5階建以下の鉄筋コンクリート造の各住戸が階段室に直接面している団地です。改修後に新耐震基準を満たすものとして取り扱います。補助申請の際、「対象住宅の登記記録全部事項証明書」と「団地の平面図」を添付してください。

階段室型団地の図面例(PDF:474KB)

戸建て住宅だけでなく、マンションのリノベーションも補助対象となりますか?

中古住宅であれば、戸建て・マンションを問わず対象になります。

売買契約の後、所有権移転が2か月後です。改修工事契約は所有権移転より前にしても対象になりますか?

順番は問いません。所有権移転登記日と改修工事契約日の間が6か月以内であれば構いません。

中古住宅(リノベ後取得型)を親と共同で購入し、登記も共有名義でしています。補助対象になりますか?

親族等との共有は可とします。ただし、売買額に申請者の持ち分比率を乗じた額が、補助額を下回っている場合、売買額に申請者の持ち分比率を乗じた額が補助額になります。

建替え型

購入する中古住宅は店舗付き住宅でも補助対象になりますか?
また、新築する住宅は店舗付き住宅でも補助対象になりますか?

補助対象になります。

旧耐震の中古住宅が共同住宅(アパート・マンション)でした。
補助の対象になりますか?

旧耐震の戸建て住宅を購入、解体、新築建築が対象になりますので、対象外です。

住宅以外(倉庫・事務所等)を購入し、住宅に建て替える場合は補助対象になりますか?

中古住宅の流通促進を目的とした補助であり、住宅以外の用途の建物を購入する場合は、補助対象になりません。

解体する中古住宅は申請者名義への所有権移転登記が必要ですか?

所有者名義の所有権移転登記は補助要件ではありません。所有権移転登記をするかどうかは申請者の事情により行ってください。ただし、申請の際に、中古住宅を解体したことを確認する書類として、登記簿(滅失登記したもの)を添付していただく必要があります。

宅地購入型

宅地購入型とは?

宅地を取得し、住宅を新築した場合の補助制度です。
ただし、対象期間内に旧耐震基準(1981(昭和56)年5月31日以前に着工したもの)の戸建住宅を解体撤去している宅地であることが対象要件です。

対象期間
土地売買契約日が令和3年4月1日から令和4年3月31日の場合:平成30(2018)年4月1日以降に解体
土地売買契約日が令和4年4月1日から令和5年3月31日の場合:平成31(2019)年4月1日以降に解体

購入する宅地は建物付きでも補助対象になりますか?

売買契約書に建物が含まれる場合、【宅地購入型】は対象外です。
【取得後リノベ型】【リノベ後取得型】【建替え型】の要件をご確認ください。

旧耐震が建っていた後の宅地を購入したのですが、中古住宅が共同住宅(アパート・マンション)でした。
補助の対象になりますか?

旧耐震の戸建て住宅が建っていた更地(宅地)を購入し、そちらに新築建築することが対象になりますので、対象外です。

購入した宅地の面積×指定容積率=100平方メートル以上はどのように確認したらよいですか?

土地売買契約書にて購入した宅地の面積を確認いただき、土地売買契約にかかる重要事項説明書(証明書)にて指定容積率をご確認ください。

旧耐震基準住宅の解体日はどのように確認したらよいですか?

登記事項証明書の閉鎖事項証明書に記載のある閉鎖日を解体日とします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建築住宅局政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル3階