現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年11月 > 外国人のすまい探しを支援します。

更新日:2020年11月2日

外国人のすまい探しを支援します。

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年11月2日)

1.「外国人材受入れ企業・法人のすまい探しサポート」を開始します!

 外国人材受入れ企業・法人のすまい探しサポートの概要図技能実習生や新たな在留資格(特定技能)に基づく外国人を雇用する企業・法人は、受け入れる外国人の住まいを確保する必要がありますが、中には「相談に乗ってもらえる不動産業者がわからない」、「最初は手探りで不動産業者との調整に苦労した」といった意見も聞かれます。

 そこで、神戸市居住支援協議会ホームページ(以下、「本サイト」とする。)において、外国人向けのすまい探しをおこなう企業・法人(以下、「企業等」とする。)と不動産業者をマッチングするサービスを開始します。

企業等は、本サイトを通じて、以下のいずれかの方法で相談することができます。

 

(1)協力不動産業者リストの閲覧

 本サイトに掲載されている協力不動産事業者リストを閲覧し、直接相談することができます。

(2)掲示板の活用

 本サイト内の掲示板に、希望する物件の概要や相談内容を登録し、メールで回答があった協力不動産業者に相談することができます。

 

上記(1)、(2)によるマッチング以降は、当事者間の相談となります。

2.「すまいるネット」の窓口は多言語に対応しています!

 通訳サービス提供の多言語表示板神戸市すまいの総合支援窓口「すまいるネット」では、神戸国際コミュニティセンターと連携し、同センターの通訳サービスを活用することで、窓口に来訪された外国人からのすまい相談に、ワンストップで対応ができるようになりました。

〔対応言語〕

英語、中国語(簡体字)、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、ネパール語、タイ語、インドネシア語

〔対応曜日〕

言語によって、対応可能な曜日が異なります。詳しくは下記ホームページをご参照ください。

3.共同居住型住宅(シェアハウス)の改修費を補助する制度があります!

 既存住宅を複数世帯が入居する共同居住型住宅(シェアハウス)として改修し、雇用企業やNPO法人等が外国人など住宅確保に支援が必要な方に賃貸する場合、改修工事費用の1月2日(最大50万円)を補助する「共同居住型住宅改修補助制度」を令和2年度より開始しています。

補助対象者の例

住宅の確保に支援を要する方の例

従業員向け社宅を確保する企業、法人

従業員、外国人技能実習生など

学生寮を確保する大学

大学生、留学生など

住宅にお困りの方を支援するNPO法人

高齢者、ひとり親など住宅にお困りの方

詳しくは、下記ホームページをご参照ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局住宅政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル3階