現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年8月 > 神戸市共同居住型住宅改修補助制度の開始

更新日:2020年8月11日

神戸市共同居住型住宅改修補助制度の開始

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年8月11日)
神戸建築住宅局住宅政策課 光平・奥村
TEL:078-595-6497(内線952-6021) FAX:078-595-6660

神戸市共同居住型住宅改修補助制度の開始

住宅の確保に支援を要する方の居住支援と既存住宅の流通促進を図るため、「神戸市共同居住型住宅改修補助制度」を開始します。

趣旨

既存住宅を複数世帯が入居する共同居住型住宅(シェアハウス)として改修し、住宅確保に支援が必要な方に賃貸する場合、その改修に要する工事費を補助します。

補助内容

補助対象工事に要した金額の2分の1の額かつ、50万円を上限とします。

補助対象工事

次のいずれかに該当する改修工事(修繕、増築、改築又は設備改善を行う工事)で、令和2年4月1日以降に契約し、完了している工事が補助の対象となります。

  1. 専用居室の独立性を確保するための工事
  2. 共同利用部分を快適に使うための工事
  3. 防火・防犯性能を向上させるための工事

主な対象要件

  1. 既存住宅を共同居住型住宅として改修すること。
  2. 既存住宅の所有者又はその転貸人が、住宅の確保に支援を要する方にシェアハウスを賃貸すること。また、不動産賃貸業者が営利を目的として賃貸を行うものでないこと。
    補助対象者の例 住宅の確保に支援を要する方の例
    住宅にお困りの方を支援するNPO法人 高齢者、ひとり親など住宅にお困りの方
    学生寮を確保する大学 大学生、留学生など
    従業員向け社宅を確保する企業、法人 従業員、外国人技能実習生など
  3. 改修後の住宅が以下の面積、構造等の要件を満たすこと。
    • 住戸全体の面積が、住生活基本計画(全国計画)(平成28年3月18日閣議決定)における最低居住面積水準以上であること。(例:3名入居の場合は40平方メートル、4名入居の場合は50平方メートル)
  • 複数の入居世帯が共同して利用する共同利用部分を有し、台所、便所、浴室等の生活に必要な設備を適切に設けていること。
  • 各入居世帯が使用する専用居室の面積が7平方メートル以上であること。
  • 新耐震基準に適合又は同等の耐震性能を有していること。

申請受付

令和2年8月11日(火曜日)より補助金交付申請の受付開始(先着順)

補助金交付申請は改修工事の完了後、申請年度の2月末までに行う。

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局住宅政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル3階